2017年08月26日

お礼してまわるツアー『あ、カッコンの竹』で5つの都市を回るんです。

『対ゲキ』 というごく一部かもしれないが話題に2015年から2016年に話題に上がった地方を拠点とする3劇団が協働制作で5都市をツアーする公演がありました。
それに参加していた大阪を拠点としてたコトリ会議は各地に演劇仲間ができました。

仲間に、お客さんに会いにいって元気にお礼が言いたい!

そんな気持ちで2都市ですらツアーをしたことのなかったコトリ会議が
単独で5都市を渡り鳥の様にお礼してまわろうと思います。

2年ぶりの新作長編と、オーディションを経た出演者と仙台からの客演を招いて
皆さまとお会いできること、各劇場で心よりお待ちしております。

◆各公演の大まかな概要的なもの
制作的な事を色々考えれる【名古屋】ナンジャーレ
2017年4月21日〜23日


space×drama◯に参加します【大阪】シアトリカル應典院
2017年5月26日〜29日

これからもっと色々企画を考えないと【東京】こまばアゴラ劇場
2017年6月8日〜12日

まだまだ未知が多いからにじり寄る【新潟】新潟古町えんとつシアター
2017年7月8日〜9日

山本作品の大阪以外での上演が初めてだった街【仙台】せんだい演劇工房10-Box
2017年8月25日〜26日


これらに出てくるキャストさん。
牛嶋千佳 要小飴 若旦那家康(以上、コトリ会議)
大石丈太郎 野村由貴 藤谷以優 まえかつと 三村るな
本田椋(劇団 短距離男道ミサイル)

作品を具現化してくれるスタッフさん。
舞台美術 柴田隆弘
音響 佐藤武紀
照明 石田光羽
照明オペレーション 木内ひとみ(東京のみ)
舞台監督 柴田頼克(かすがい創造庫)
衣装 山口夏希
小道具 竹腰かなこ
音楽 トクダケージ(spaghetti vabune!)
宣伝美術 小泉しゅん(Awesome Balance)
制作 若旦那家康
制作助手 渡邊歩惟
制作協力 佐和ぐりこ(オレンヂスタ)、秋津ねを(ねをぱぁく)、杉浦一基、ほかまだ内緒。

作品を生み出す作・演出は山本正典

よろしくお願いいたします。
posted by コトリ会議 at 00:00| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

東京公演も連携企画の発動!!壱劇屋と匿名劇壇と!

名古屋公演を終えて大阪公演へ、次の羽ばたき準備しているコトリ会議です。
名古屋公演ではオイスターズさんの深津演劇祭『うちやまつり』と連携企画をしました!
ありがとうございました!(オイスターズさんはまだまだ公演ありますよ!)

さて、6月の東京公演も連携します!
大阪のおともだちと。

詳細は以下ですー!

東京公演を含んだツアーを行う、大阪3劇団で連携企画をいたします。
3劇団はカラーは違えど、それぞれ應典院舞台芸術祭space×dramaで優秀劇団になった3劇団です。
昨年OMS戯曲賞大賞を男性最年少で受賞した福谷圭祐の率いる匿名劇壇。
にわかに注目されこれまで培って来た他地域との連携から5都市ツアーを敢行するコトリ会議。
CoRich舞台芸術アワード!2016で全国1位に選ばれ、2017年の劇団創設10周年に向けて精力的な活動を続ける劇団壱劇屋。
上記3劇団が5月末から6月末の一ヶ月間にそれぞれ東京での公演が控えています。

匿名劇壇『レモンキャンディ』
5/26〜29(花まる学習会王子小劇場)http://stage.corich.jp/stage/81041
コトリ会議『あ、カッコンの竹』
6/8〜12(こまばアゴラ劇場)http://stage.corich.jp/stage/80636
劇団壱劇屋『新しい生活の提案』
6/22〜27(萬劇場)http://stage.corich.jp/stage/80883

これら3公演の半券をお送りいただいたら、それぞれの未販売短編戯曲が収録された特性ブックレットをもれなくプレゼントいたします。

応募方法
それぞれの半券と、特典の送付先住所・氏名・メールアドレス・電話番号を書いた紙を封筒にいれ、
〒534-0016 大阪府大阪市都島区友渕町3-4-22-711 匿名コトリ壱劇企画 ワカバヤシ
までお送りください。
(いただいた個人情報は特典の郵送以外に使用しません)

この機会に、同じ大阪でもカラーの違う3劇団をお楽しみください!

匿名劇壇
HP https://tokumeigekidan.jimdo.com/
Twitter@tokumeigekidan

コトリ会議
HP http://kotorikaigi.com/
Twitter@kotorikaigi

劇団壱劇屋
HP http://ichigekiyaoffice.wixsite.com/ichigekiya
Twitter@ichigekiya


<企画お問い合わせ先>
kotorikaigi@gmail.com (コトリ会議:若旦那家康)
posted by コトリ会議 at 18:04| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

名古屋でオイスターズさんとどんかぶり演劇祭

あっという間に、今週末には名古屋公演です。
若旦那です。

名古屋公演でこんなにお知り合いが少ないかとなかなか厳しい!
あんなに大好きだと公言していたオイスターズさんと公演がかぶっているってのもショックだ。
こちらに出演している野村由貴さんはDIVEプロデュース「メイド・イン・ジャパン」でオイスターズの川上珠来さんと知り合ったのに、お互い真裏だと嘆いていたね。

嘆いている野村さん野村由貴.JPG
嘆いているであろう川上さんsFxudE-C_400x400.jpg


だからさ、観れないなりにも繋がりを意識する「どんかぶり演劇祭」じゃい!
オイスターズさんの深津演劇祭参加作品『うちやまつり』の半券を持っている、または予約している旨をナンジャーレの受付で申告してくれたお客様には
山本正典の最近の短編戯曲をプレゼントいたします!
(何種類か用意しておきますよ!)

逆にオイスターズさんの受付ではコトリ会議のチケット販売(!なんて優しいんだ!?)や、同じようにコトリ会議の予約または半券で何かプレゼントがあるみたいですよ!

ナンジャーレと七ツ寺共同スタジオってどんな距離なの?
こんなグーグルマップ
車で20分、電車でも30分くらい?
一度に観てください。

オイスターズも、深津さんの作品も、コトリ会議も観てみて。

コトリ会議『あ、カッコンの竹』
21(金)19:30
22(土)11:00/17:00
23(日)15:00
(上演時間:90分以内)
@ナンジャーレ
こりっち!

オイスターズ 深津演劇祭参加作品『うちやまつり』
20(木)19:30
21(金)19:30
22(土)14:00/19:30
23(日)11:00/15:00
24(月)14:00/19:30
25(火)14:00/19:30
@七ツ寺共同スタジオ
こりっち!

待ってて!名古屋!迎え入れて!

(ちょっとした個人的な思い入れとしては大阪で2度目のどんかぶり演劇祭の時にオイスターズ『日本語私辞典』で参加してもらいました。当時は僕は突劇金魚『富豪タイフーン』でかぶっていて、後日七ツ寺共同スタジオにそれだけを観に行ったなぁ)
posted by コトリ会議 at 13:37| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

名古屋での「あ、カッコンの竹」

若旦那です。
お礼して回る5都市ツアーのことを考えております。
まずは名古屋公演についての情報です。
情報というか、思いか。
名古屋の演劇に触れたたのは突劇金魚「富豪タイフーン」の制作をやったからで、その前の年の突劇金魚が出ていたミソゲキは知らなかった。
けど、その年にコトリ会議がミソゲキに呼ばれた。
面白いよね、ミソゲキってなって毎年観に行って、そこで対ゲキのことも知ったんで名古屋、特にナンジャーレはコトリ会議の、だけではなく僕自身のターニングポイントだと思います。

やっぱりお礼をするならまずは名古屋からだね。

そして僕は出演するけど、制作ということもするので制作の人と喋るアフタートークをしたいと思っています。
ミソゲキをオーガナイズして名古屋演劇アーカイブを運営する長谷川公次郎さん。
劇団うりんこの制作にしてうりんこが児童劇団の域を越えるところにひょろっと持って行き学生演劇祭もファシリテイトしている、元祖会いに行ける制作者、平松隆之さん。
制作者というよりも朗読家なのですが、名古屋のDFGである名古屋観劇探検ガイドを運営しているニシムラタツヤさん。
名古屋において珍しいコンテンポラリーダンスを制作し、名古屋外の公演もプロデュースする菅井一輝さん。

これらの方々を各回お呼びして気になる事を聞きます。
(気付くとおじさんばかりなので、出演者している女性に助っ人を頼むかも)

公演情報と予約はこちら!
「あ、カッコンの竹」(名古屋公演)
【日時】
4/21(金)19:30@
4/22(土)11:00A/17:00B
4/23(日)15:00C
【会場】
ナンジャーレ
【アフタートーク】
@長谷川公次郎(名古屋演劇アーカイブ)
A平松隆之(劇団うりんこ/うりんこ劇場)
Bニシムラタツヤ(AfroWagen/朗読・演劇制作)
C菅井一輝(officecassini)
【料金】
予約(こりっち):2,200円
前売(ぴあ):2,200円(Pコード:456-753)
当日 2,700円
【注意】
靴を脱いで階段を上がっていただきます。

携帯からの予約はこちらをクリック!





SF要素の入った童話的な死生観が垣間みれるへんてこ会話劇をぜひ名古屋で観てください。
ここから次のコトリ会議が始まるのかもね。
posted by コトリ会議 at 16:25| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

小ラボ4回め、ありがとうございました!

こんばんは。要小飴です。

もう火曜日も終わろうと…….終わってしまいましたね。
大変遅くなりましたが、コトリ会議小ラボ4回め無事に終演いたしました。ご来場くださった皆様、応援してくださった皆様、本当に本当にありがとうございました。

素敵な場所。高槻市の福寿舎さん。
BFB8ED95-C58E-4B34-B3A6-D806400782F8.jpg
5754FA93-6535-457D-9000-C9AD2AC9C992.jpg

32059328-0274-413B-B3A3-A2FD1F4B4663.jpg
『カコミちゃんは、いつまでたっても』
舞台写真は撮れなかったので、これは休憩中に急遽再現してもらったラストシーンです。

588A2DB5-8F62-40D1-8291-58F28C3FCFC0.jpg
『包帯の白』
これは、確かゲネで撮った写真です。

客演していただいたお二人には、それぞれの作品でご尽力いただきました。鎌田恵弥さんと竹内桃子さん。
年齢の近い座組み……かと思いきや、意外とジェネレーションギャップがあったりして、打ち上げでは知ってる歌手の話題で盛り上がったりしました。)

そして、小ラボ三ヶ月ずっと演出としてお付き合いいただいた、カラ/フルのオダタクミさん。

このお三方とのご縁によって実現した公演と言って過言ではありません。

本当にお世話になりました。

4回めまで、後半ちょっと詰め込み気味に続けてきた「小ラボ」ですが、コトリの代表交代の直後に動き出した取り組みでした。そして、私が代表に就任してから、早いものでもうすぐ一年になろうとしています。
これから、しばらくは五都市ツアーに集中する日々が続くことでしょう。小ラボは一旦ここで一区切りです。
またやってほしい、なんて言ってくださる方もいらっしゃるようで、コトリ会議を色んなところで支え見守ってくださる方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
そもそも小ラボは、劇団員の修練の場として始めたものでしたが、その実、私がやりたいことをやらせていただく、かなりありがたい機会になりました。過去作品の再演、公演のプロデュースをすること、作品の演出をつとめること、役者として公演に出続けること。加えて、小道具の製作も一部担当できたり、本当に沢山のことをやらせていただきました。
すべてのことから、自分がコトリ会議について何を考えているか、何をしたいのかを問いかけられるような一年でした。
この経験を、今後の本公演やコトリらしい色んな取り組みに生かしていきたいと思います。

小ラボは「小さなラボラトリー」と「コラボ」をかけたネーミング。4回の実験とそれを上回るさまざまな気付き、出会いをへて、コトリの劇団員がまた作演の山本と作品をつくるとどんなことになるのか、お楽しみに、です。お楽しみに、と言いながら、背筋が伸びるのを感じておりますよ。

なにはともあれ、小ラボ4回めはこれでおしまいです。楽しんでいただけていれば、幸いです。
皆様、本当にありがとうございました!

992DDBE7-64C1-42F6-BED6-C803AA5C8DE0.jpg

posted by コトリ会議 at 00:30| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

あ、カッコンの竹(名古屋公演)

2015年から2016年に話題に上がった地方を拠点とする3劇団が協働制作で5都市をツアーする『対ゲキ』という企画がありました。
それに参加していた大阪を拠点としてたコトリ会議は各地に演劇仲間ができました。

仲間に、お客さんに会いにいって元気にお礼が言いたい!

そんな気持ちで2都市ですらツアーをしたことのなかったコトリ会議が
単独で5都市を渡り鳥の様にお礼してまわろうと思います。

まずは最初は名古屋公演!
関西を出た最初のきっかけはナンジャーレ、ミソゲキでした!
ここから始まります!

<日程>
4/21(金)19:30@
4/22(土)11:00A/17:00B
4/23(日)15:00C

毎回あるよ!若旦那家康が話す制作者アフタートーク
@長谷川公次郎(名古屋演劇アーカイブ)
A平松隆之(劇団うりんこ/うりんこ劇場)
Bニシムラタツヤ(AfroWagen/朗読・演劇制作)
C菅井一輝(officecassini)

【発売日】2017/02/09
ぴあ 2,200円(Pコード:456-753)
当日 2,700円

予約 2,200円
こりっちで!

携帯からの予約はこちらをクリック!





[PR] SIM比較
FX初心者
訪問看護ステーション
給与計算代行
posted by コトリ会議 at 03:15| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

しまった【小飴徒然】

しまったしまった。何か忘れている……という気はしていたのですが、これですわ。ブログ。

いつの間にか2月になっておりますよ。皆さんいかがお過ごしでしょうか。コトリ会議の要小飴です。
皆さんはやはり節分は恵方巻を食べますか?私は九州の出身なのですが、小さい頃の自分の年間行事の中には、この恵方巻を食べるというイベントはなかったように記憶しています。コンビニの戦略で今は全国的に広がっている、なんて話をよく聞きますね。私も恵方巻がそんなにメジャーなものだと知ったのは、岡山時代にコンビニでアルバイトをしていた時だったと思います。

生まれ育った場所の文化や習慣というのは、もはや体に染みついているもので、改めて確認すると新鮮な気持ちになるとともに、替えがきかないものです。
昨日は小ラボ4回めの『カコミちゃんは、いつまでたっても』の稽古だったのですが、そこで、私は「てれんぱれん」という言葉を発しました。
「てれんぱれん」というのは、どうやら、九州の方言のようなのですが、そのときの若旦那さんと鎌田さんのキョトンとした顔が忘れられませんね。四国出身の渡邊も聞いたことがないとのこと。
「なに、それは方言なの?」と尋ねられて、「多分……」と答えてから(ほら、もう方言かどうかさえ、よくわかっていないのですから…….)、でも、どういう意味なのか、説明することが難しいのです。
方言としてよく耳にする「〜ばい」や「〜っちゃん」などの語尾は変換することが出来ますが、こういう状況や感情を表す言葉は、違う言葉に直すとニュアンスが変わってしまいます。
ネットで調べると「てれんぱれん」は「ぶらぶら何もせず」とか「だらだら」みたいな意味として出てくるのですが、何か違う……。検索した中で、自分が使っている感覚と一番近いものは「ちゃらんぽらん」だったのですが、言葉を発する側の気持ちの温度に差があるような、不一致感が拭えません。
そう思えば、「〜ばい」と「〜だよ」もやっぱり同じとは言えない気がする……。
こうなってくると、もう地域差というよりは個人差になってくるでしょうね。

もう、ちょっと脈絡がない文章になってきていますけれど。大阪にきて、四年。染まりやすい人間ではありますけど、染まらない部分というか、染めようとしても染められない部分が、あるのだなぁと思ったわけです。


あ、あれ?この前、会場の見学に行ったので、そのときのことを書こうと思っていたのに、全然違うこと書いてますわ。
素敵な会場なので、またの機会にじっくりご紹介しますね。

最後に、カコミちゃんと、ナニモノくんのお二人の写真を載せて、今日はおしまいにします。
ほんとに徒然。それでは、また!

643FA894-9F9E-41EA-90B7-C71822CC5501.jpgB75B0C49-9F93-4810-B078-DD46F5B4DCBB.jpg

posted by コトリ会議 at 06:47| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

お礼してまわるツアー「あ、カッコンの竹」名古屋公演の情報とか。

どうも小ラボ4回めの稽古を進めつつも、4月から始まるツアーのことです。
まずは名古屋公演のことからね。

「あ、カッコンの竹」の名古屋は
会場!ミソゲキでおなじみのナンジャーレ
住所は愛知県名古屋市中村区亀島2丁目26−5 キジビル4F
最寄りは名古屋駅
■日時
4/21(金)19:30@
4/22(土)11:00A/17:00B
4/23(日)15:00C

■料金(チケット発売・予約は2月9日(木)10:00
予約/ぴあ 2,200円(Pコード:456-753)
当日 2,700円
ぴあ:http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1702677
こりっち:http://stage.corich.jp/stage/80433

■全日程アフタートークあり
若旦那家康が話す制作者アフタートーク。
名古屋の演劇があって、近いが故に若旦那が日本中あちこち行くようになったきっかけでもあるのでお話を色々したいです。
他地域劇団を受け入れること、呼び込むこと、自分が他地域に出ること、自分の地域の劇団を売りこむこと。
色々考えてみるのが、作品について作家・演出家がやるアフタートークと違う面白さを探ってみます。

お願いする相手は
@長谷川公次郎(名古屋演劇アーカイブ)
A平松隆之(劇団うりんこ/うりんこ劇場)
Bニシムラタツヤ(AfroWagen/朗読・演劇制作)
C菅井一輝(officecassini)
以上、4名敬称略ですが、よろしくお願いいたします。
posted by コトリ会議 at 21:19| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

顔合わせてきましたよ。【小飴徒然】

小ラボ3回めが終わり、一週間も経たないうちに、小ラボ4回め始動しております。時の経つのが早いです。これからも、二月は逃げる、三月は去るですからね。気を引き締めないと。

さて、私が演出を担当する、『カコミちゃんは、いつまでたっても』は顔合わせよりも一足先に稽古一回目を行いました。

7CBAF117-F1A0-42B0-919D-EA4F9A90731A.jpg3BD96B68-C0FD-44C8-824F-4F4586FF70DC.jpg

写真は劇団員の渡邊が撮ってくれました。
集合写真撮ったら良かったなぁ。

今回は鎌田恵弥さんにご出演いただきます!
彼女とは昨年の春頃からの付き合いで……おや、まだ一年経っていないのか。驚き。ぜひこの役を、とお願いしました。前からの写真は、今度是非撮ってお見せしますね。

それから、今回はうちの若旦那が沢山喋ります。お楽しみに。



そして、先日、もう一つの作品『包帯の白』チームとの合同顔合わせをしました!

64695434-F0CF-4300-AC6E-67120FD3CD0B.jpg

『包帯の白』に出演いただく、竹内桃子さん。匿名劇壇さんに制作として所属されています。今回は役者として小ラボに参加していただきます!

そして、劇団員からは、牛嶋と要が出演します。
女三人芝居です。

F593A39A-788D-40AD-9604-85A99C13113C.jpg

『包帯の白』演出のオダタクミさん。今回もお世話になります。

一つのチームで二作品をつくった前回小ラボ3回めと違って、今回は各作品、演出家も出演者も別。(私は両方出ますけれど。)どんな公演になるか、楽しみです。
楽しみなことは色々あって、お芝居のこと、会場のこと、これから少しずつお知らせしていきますね。
ご予約もお待ちしております!
それでは、今日はこのへんで。要小飴でした。

★☆★☆★

小ラボ4回め

『カコミちゃんは、いつまでたっても』

作・牛嶋千佳  演出・要小飴


『包帯の白』

作・山本正典  演出・オダタクミ(カラ/フル)


日時:2017年

2月18日(土) 16時30〜/19時〜

      19日(日) 11時30分〜/14時〜/16時30分〜

(開場は開演の20分前)

場所:福寿舎 蔵(大阪府高槻市城北町1-9-6) 

料金:1000円(前売り・当日とも)


ご予約は、kotorikaigi@gmail.comまで「ご予約名、日時、枚数、緊急連絡先(電話番号)」をご連絡ください。こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。

送信後24時間経過しても返事がない時はお問い合わせください。

受信制限がある方はkotorikaigi@gmail.comの制限をはずしておいてください。


posted by コトリ会議 at 11:31| Comment(0) | 要小飴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

【公演情報】小ラボ4回め『カコミちゃんは、いつまでたっても』『包帯の白』

三ヶ月連続小ラボの最後は、小ラボ4回め『カコミちゃんは、いつまでたっても』『包帯の白』です。
『カコミちゃんは、いつまでたっても』は梅田公演で上演した牛嶋作の作品、『包帯の白』は今回山本が書き下ろした新作です。
今回の小ラボの新しい試みは、一本を劇団員が演出すること、コトリ会議に初めて出演していただく客演さん、などなど。
会場もおもしろい場所ですよ。皆さまどうぞお楽しみに。

小ラボ4回め
『カコミちゃんはいつまでたっても』
作・牛嶋千佳  演出・要小飴
出演・要小飴 鎌田恵弥 若旦那家康 

『包帯の白』
作・山本正典  演出・オダタクミ(カラ/フル)
出演・牛嶋千佳 要小飴 竹内桃子

日時:2017年
2月18日(土) 16時30〜/19時〜
      19日(日) 11時30分〜/14時〜/16時30分〜
(開場は開演の20分前)
場所:福寿舎 蔵(大阪府高槻市城北町1-9-6) 
料金:1000円(前売り・当日とも)

ご予約は、kotorikaigi@gmail.comまで「ご予約名、日時、枚数、緊急連絡先(電話番号)」をご連絡ください。こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
送信後24時間経過しても返事がない時はお問い合わせください。
受信制限がある方はkotorikaigi@gmail.comの制限をはずしておいてください。


posted by コトリ会議 at 08:01| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする