2017年01月21日

【速報】小ラボ4回め 情報公開第一弾

小ラボ3回め真っ只中ですが、パンフレットにはもう次の予定を記載しております。


情報公開、第一弾です!



小ラボ4回め
『カコミちゃんはいつまでたっても』
作・牛嶋千佳  演出・要小飴
出演・要小飴 鎌田恵弥 若旦那家康 

『包帯の白』
作・山本正典  演出・オダタクミ(カラ/フル)
出演・牛嶋千佳 要小飴 竹内桃子

日にち:2017年2月18日(土)19日(日)
場所:福寿舎 蔵(大阪府高槻市城北町1-9-6) 


福寿舎ってこんなところ……http://fukujuya-takatsuki.com/


今回も素敵な客演さんをお迎えして、そして、再び、いや三度の演出オダタクミさんとのタッグで、挑戦的にまいります!

時間など、詳細しばしお待ちください!


posted by コトリ会議 at 09:58| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

谷町空庭へ行ってみた【小飴徒然】

皆さま、こんばんは。コトリ会議の要小飴です。

週一でブログを書くぞーと思いながらも、今の頭の中はやはり小ラボ3回め、4回めのことでいっぱいであって、だけれども稽古中に写真を撮るマメさがまだまだ私には備わっておらず……。
ですので、今日は小ラボ3回めの会場〈谷町空庭〉さんまでの道のりをお知らせしようと思います。



さて、この〈谷町空庭〉さん。最寄りの駅は地下鉄谷町線・中央線の谷町四丁目駅です。HPのアクセスのページ(https://www.soraniwa.net/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9/を見ると、

(6番出口あがってまっすぐ、一つめの角を右(北)、またひとつめの角を右にまがった、ガソリンスタンド(エネオス)の2軒隣のビルの6階)

とありました。

ふむふむ、まず6番出口に出るのだな?と要小飴は思います。

356868AA-AB51-477E-835B-94BB7FD8A93E.jpg

6番出口を出るとこんな風景でした。

「6番出口あがってまっすぐ」ということなので、目の前に続く道を進みます。
「一つ目の角を右(北)」

378695FC-6BD8-422A-8D98-D297670A0B5A.jpg

これが、一つ目の角です。横断歩道は渡りません。そのまま右に進みます。

A6811BB4-0C9B-4A7A-8A71-BD6EC60F9418.jpg

こんな風景。説明にあるガソリンスタンドが向こうに見えますね。

143B561B-41E7-4729-9E34-B986A7E19C5E.jpg

ガソリンスタンドの前まで来たら、また右に曲がります。


A2E8AF62-5652-4FCF-BCD7-9393123407E3.jpg

こんな風景です。〈谷町空庭〉さんはもうすぐ!


04CD68D5-82C6-4F1E-9975-5A0B430B4234.jpg

この、一階に中華料理屋さんのあるビルが〈谷町空庭〉さんの入っているビルです。

FCA331F5-A6ED-4F2D-81F8-FC55C50EE94E.jpg

中華料理屋さんの手前のこの入り口から入ってください。奥にエレベーターがあります。6階まで上がってくださいね。

今回はこの〈谷町空庭〉さんの奥のお部屋を一部屋お借りして、小ラボをします。
靴を脱いで上がっていただいたり、何かといつもの劇場とは違う環境になると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。(いつも劇場でやっている私たちではないですが……)

何か気になることがありましたら、コトリGmail(kotorikaigi@gmail.com)までお問い合わせください。
お席、まだまだございます!ご予約お待ちしております!


それでは、今日はこのへんで。
posted by コトリ会議 at 20:13| Comment(0) | 要小飴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

4月からのツアー公演の出演者発表

2017年は2015年〜2016年にかけて対ゲキで回った5都市をコトリ会議だけで回るよ!って恐ろしいことをおもしろいと思って進めていまだに震えが止まらない制作もしている若旦那です。
色々な公演やイベントを僕はやってきましたが、あまりにもなんでこんなこと言ったのやらという不可思議でやはり震えが止まりません。

色々なことがまとまりきっておりませんが。
決まっていることは言えば良いじゃんということで出演者の発表をします。
タイトルも決まっているし、作演も決まっていますけど。
「あ、カッコンの竹」というタイトルで、作・演出は山本正典です。

さて、出演者発表です。

牛嶋千佳/要小飴/若旦那家康(以上、コトリ会議)
大石丈太郎/野村由貴/藤谷以優/まえかつと/三村るな
本田椋(短距離男道ミサイル)

こんな感じです。
若旦那が紹介します。

牛嶋千佳…コトリ会議の生き字引です。
要小飴…コトリ会議の新代表です。眼鏡をかけている上に眼鏡をかけているうさぎのTシャツを着ています。
若旦那家康…ぼくです。

大石丈太郎…顔の濃い、背の高い、ダンスをよくしている東京の僕と同い年です。
野村由貴…背の高い、笑顔が似合う女子です。コトリには何度か出てます。ヘアバンドしています。
藤谷以優…すらっとした若い女子です。僕のもう1つの所属ROPEMAN(38)の相方の名乃が、もう1つ所属しているターザンボーイに出てました。ほか色々出てますね。
まえかつと…ピッコロ演劇学校にいたりいいむろさんのマイムラボにもいます。僕と同じように魚顔です。
三村るな…目がくりっとした、透明感あるというか、幸薄そうな少女が似合いそうな女子です。けど結構元気です。
本田椋…劇団 短距離男道ミサイルの代表です。対ゲキには大学卒業がヤバいため映像出演でしたが、晴れて卒業。仙台から要小飴と代表対決に来てもらいました。


あんま上手く説明できませんでしたので、これからがんばってもっと伝えて行きます。
これからまたまた僕がツアー公演の情報を公開して行きますね!
楽しみにしていてください。
山本君が面白くしてくれる「あ、カッコンの竹」です!
posted by コトリ会議 at 23:02| Comment(0) | 5都市ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

トリ年のコトリ会議、稽古はじめました。【小飴徒然】

皆さま、こんばんは。コトリ会議の要小飴です。

2017年、ついに明けましたね!
あけましておめでとうございます!年末年始いかがお過ごしでしたか?

要小飴は九州の実家に帰っておりました。と言っても、年末はコトリのオーディション公演からの小ラボ3回めの稽古を経て、実家に帰り着いたのは年明けての1日朝9時ごろでしたが。私は帰省はもっぱら夜行バスです。最初のころは何故かトイレの心配ばかりして、なかなか熟睡出来なかったのですが、最近ではもう気を失うレベルで寝ます。小さいころから乗り物で揺られると寝るというタチだったのですが、未だ健在ですね。今度のツアーでもこの習性が活かされるといいなぁ。

さてさて、そうやって帰りまして、地元のローカルな感じの神社で初詣をしたのですが、そこで引いたおみくじが、吉だったのです!317618EF-7678-438F-8F71-3E3557505A39.jpg
吉、そのものも嬉しかったのですが、そのおみくじについていた運勢上昇グッズらしきものが、これ。
33C7A4D3-DE66-47E0-A4B6-41E3C534F9FC.jpg
飛千鳥(千鳥=千取り)ですって。
今年は酉年、コトリ会議の私が、千鳥を引く。なんてお誂え向きなんでしょう。地元の神様までもが、私を、コトリを応援してくれている!となんだか嬉しくなりました。
おみくじの内容も、周りの人たちに助けられてうまくいく、ということで、皆さまお一人お一人への感謝を忘れてはならないと強く思いました。

そんなこんなで、実家で英気を養い、大阪へ帰ってきた私。昨日5日は稽古初めでした。
15ADB022-0B4F-45C2-B2EE-AB3A33AD0989.jpg
今回はリメイクと新作の二本立て。一本は劇団員牛嶋の新作です。文字の中にあった人や出来事が初めて実際の形を与えられるという工程が素直におもしろいなぁと思う稽古です。私たち「人」と上演する「場所」と書かれた「言葉」、それが合わさって、物語を作っていく。それを改めて見つめ直しています。
どんなお話になるか、どうぞお楽しみに。

そうそう、昨年は結局サボってしまった、年始に今年やりたいこと100個書き出すというの、今年はやりました。その中に書きました。「ブログを週一回更新する」ここでも宣言しちゃうぜ。
個人でブログを新たに開設するのではなく、コトリのブログでやるのは、私物化してるみたいだけど、私が週一回更新しても私物化にならないほどに劇団活動を充実させるという二つめの目的があるのです。いや、週一回更新するには、たまには私の個人的なことも載せていくと思いますが。例えば上の、私の乗り物に乗ると眠くなる話とか。(すごく……なんというか、取るに足らない)

まあ、なんというかお付き合いください。

そして、それよりも、小ラボ、観に来てください。

★☆★☆★☆★


小ラボ3回め
『天井のもくめが怖くて泣いた』作:牛嶋千佳
『節電』作:山本正典

◯演出:オダタクミ(カラ/フル)

◯出演:牛嶋千佳
               要小飴
               辻崎智哉(Quiet.Quiet)
               水木たね

◯日時:2017年
              1月20日(金)19:30〜  
              1月21日(土)14:30〜/17:00〜/19:30〜
(開場は開演の20分前)

◯会場:谷町空庭(大阪市中央区常盤町1-1-8)

◯料金:1000円(前売・当日とも)

◯予約定員:15名
  ※当日券もございますが、座席数が限られますので、事前のご予約をお願いいたします。
  ご予約は、kotorikaigi@gmail.comまで「ご予約名、日時、枚数、緊急連絡先(電話番号)」をご連絡ください。こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
送信後24時間経過しても返事がない時はお問い合わせください。
受信制限がある方はkotorikaigi@gmail.comの制限をはずしておいてください。

★☆★☆★☆★
本年もコトリ会議をどうぞよろしくお願いいたします。

posted by コトリ会議 at 00:47| Comment(0) | 要小飴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

今年もいろいろありました

こんにちは。

コトリ会議の山本です。

オーディション公演、大きな怪我もなく、無事終了しました。
ご来場頂いた皆様、ありがとうございました。

また、オーディションに参加してくださった皆様、お疲れ様でした。

ただいまコトリ会議では、オーディション結果について話し合っています。
本番日と稽古日をあわせて5日間。一緒に過ごすと、その人のいろんな表情を見られたのと同時に、いろんな感情も交換してしまっていました。
これは俗に言う、情がうつって、選考が大変難しくなっております。

結果、オーディションは2時間程度で行うのがちょうど良いという結論だけが出ました。
だから世の皆さんはオーディションにあまり時間をかけないんですね。
勉強しました。

だけれどコトリ会議の日陰のモットーは、人に厳しく自分に甘く。
情だなんだはバッサバッサと切り捨てて話し合いをするぞ、という意見を誰か早く出せよ、と心のうちで囁きながら私たちは選考しています。

オーディション参加者の皆さん、もう少々お待ちください…


そして、コトリ会議は今年もいろいろありました。

1月の対ゲキツアー大阪公演から始まって、
2月に大大阪博覧会の参加、
4月に対ゲキツアー東京公演、
室屋さんの退団、
劇団代表が山本から要へ、
8月に小ラボ開始、
12月にオーディション公演、

また、他の劇団さんの作品に出演したり、台本を提供したり、スタッフで参加したり、いろんなところでお世話になりました。

今も来年の小ラボに向けて稽古を進めています。

ご来場頂いた皆様、公演に参加してくださった皆様。あらためて、本当にありがとうございました。

来年は、1月2月に小ラボがあり、
4月からは、愛知、大阪、東京、新潟、仙台とツアー公演をする予定です。

ツアー公演は、コトリ会議久しぶりの長編を上演します。
数えてみると、1時間以上のお芝居を上演したのは2年前の京都でした。

関西小劇場の隙間をぬいすぎて、何処にいるのか皆目検討もつかないコトリ会議。

私たちはここにいます!

来年もよろしくお願い致します!
posted by コトリ会議 at 16:04| Comment(0) | 山本正典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

【公演情報】オーディションとして小ラボ2回め「あなたの隣。の隣に私」

8月に小ラボという企画をやって以来、来年に向けて出演者オーディションをするよってことしかなかったですが、コトリ会議の小ラボ(ちっちゃな実験室&コラボレーション)公演でその作品を発表します。
山本の新作をオーディション用に山本演出と、コトリ会議のメンバーには山本が演出しても面白くないのでコトリ会議に何度も客演してもらっているオダダクミさん(カラ/フル)をお迎えして、小ラボします。
クリスマスだけど、観に来てください。


小ラボ2回め「あなたの隣。の隣に私」
日時:2016年12月25日(日)15:00 / 18:00 (全2回)
(上演時間:1時間くらいを予定)

会場:油野美術館(〒553-0004 大阪府大阪市福島区玉川4丁目5−27)

料金:1,000円(予約制)(定員20席)+ワンドリンク(500円)(ごめんなさい、ドリンク書き忘れ!!

作:山本正典
演出:オダタクミ(牛嶋と要の部分)山本正典(オーディションの人と若旦那の部分)
出演:牛嶋千佳、要小飴、若旦那家康(以上、コトリ会議)
 A.R. 、I.Y. 、K.A. 、F.I. 、O.E. 、M.R. 、W.J. 、K.F. 、O.J. 、M.K. 、U.S. 、S.N. 、F.K. 、N.Y.
(オーディションの人達は全員イニシャルにしました。言いたい人と言いたくない人がいると思いますので)
(初めましてのかたももちろん、君もオーディションなのかなかたもいます。東京や、新潟からの参加もあり)
(人数が多いので、全員出ますが、役はダブルキャストになってます。それで15時と18時があります)

予約:12月4日 AM10:00から
kotorikaigi@gmail.comまでタイトルを「クリスマスの公演」として
@お名前(よみかた)
Aご覧になる時間は15時か20時か
Bご来場人数
Cお電話番号(緊急なことの連絡先として、個人情報は守ります)
をお送りください。
先着順で予約番号をお伝えして行きます。
送信後24時間経過しても返事がない時はお問い合わせください。
そして受信制限があるかたはkotorikaigi@gmail.comの制限をはずしておいてください。

ご来場、お待ちしております。HPtop_小ラボ2.jpeg
posted by コトリ会議 at 12:40| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

コトリ会議2017年「お礼をして回るツアー」キャストオーディションのお知らせ

コトリ会議では2017年に4月から8月まで1ヶ月ずつ5都市で公演をします。対ゲキで回った地域へ単独飛行でお礼をして回ろう公演です。
その出演者募集、オーディションです。
なかなか時間を拘束される企画ですが、得るものは多いです!失うものも少しはあるでしょうけど!
半年近くを一緒に旅公演をしてくれる俳優さんを募集です。
(スタッフでも行きたいよって方もご連絡ください)

■公演の今決まっている内容
『あ、カッコンの竹(仮)』(作・演出:山本正典)
4月20日〜24日@名古屋・ナンジャーレ
5月26日〜29日@大阪・シアトリカル應典院
6月8日〜12日@東京・こまばアゴラ劇場
7月8日〜9日@新潟・えんとつシアター(日程決まりました・追記10/12)
8月末@仙台・10 Box
(日程は予定です、移動日などもあり多少の増減はあります)
(8月の仙台は2月にならないと予約出来ないので未定です)

■公演に参加が決定した場合の条件
公演数によりますが出演料が出ます。(そんなに期待出来るほどではもちろんないですよ。心ばかりを。色々がんばっていきますね)
ツアーの移動費・宿泊費も劇団員と同じレベルで劇団から出ます(劇団員のレベルは低いですよ、劇場泊とかも可能性あるよ)。稽古期間中の交通費などは出ません。
ノルマに類するものはありませんけど、宣伝はして欲しいです。
稽古場は主に大阪市都島区か旭区になります。稽古開始は3月頭から平日夜と土日に長めの予定を調整しながら決めます。

■オーディション参加費の条件
参加は無料ですが、ちょっとした作品を一緒に作ってもらいます。
お客さんを迎えてその作品で公演します。
オーディション資格は性別や国籍は問いません。3月からはじまる稽古に前向きに参加出来ることです。

■オーディション期間
12/17(土)11:00〜18:00
18(日)11:00〜18:00
21(水)19:30〜21:00
23(金)11:00〜18:00
作品発表:12/25(日)昼間

■応募要項
氏名(芸名の場合は本名も)、生年月日(未成年の方は親族の同意書)、性別、簡単な自己紹介文、電話番号を明記し、顔写真を添付しkotorikaigi@gmail.comまで件名を『来年のオーディション』としてお送りください。

■締め切り
11/27(日)
応募者多数の時は書類審査になります。12/5(月)までには結果を連絡します。


お問い合わせ・ご質問がある場合はコトリ会議メールkotorikaigi@gmail.comまでお伺いします。

ご参加、お待ちしておりますー。
posted by コトリ会議 at 00:00| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

これからのコトリ会議《オーディション公演と小ラボについて》

皆さま、こんばんは。要小飴です。
さて、ツアー公演のオーディションについての情報がぽつりぽつりと出ておりまして、情報拡散にご協力いただきありがとうございます。ご興味がありましたら、ぜひぜひご連絡くださいね。よろしくお願いします!

さあ、さてここで、このオーディションに伴う小作品の発表で、上演される山本新作のタイトルをお知らせします!
(実は今日まで若旦那が出演させていただいた、かのうとおっさんさんのパンフレットにすでに載せてもらっていました。皆さま見ていただきましたか?)

☆★☆★☆

コトリ会議 小ラボ2回め オーディション企画
『あなたの隣。の隣に私』
作・山本正典

☆★☆★☆

先日の山本のブログでもありましたが、劇団員もこの公演に参加します。
私たちにとっては、オーディション参加者の皆さんとのコラボレーション、ということで、小ラボ2回めと銘打っています。そして、私たちの演出をしていただくのは、カラ/フルのオダタクミさん。「今年の客演ラッシュも終わり……」とつぶやかれていたところを、ガシッと、ガシッと腕を掴んで申し上げたのですね、どうか私たちとお芝居を作ってください、と。
この小ラボ2回めについては、まだオーディションの募集が締め切られていませんので(だから、皆さんご検討くださいね!)、日にち以外の詳しい情報はまだ発表されていませんが、12月25日(日)はぜひコトリ会議にもお時間をいただければと思います!

それから、もう一つ。
実は、私が出演させていただいたピンク地底人さんのパンフレットには、「コトリ会議 小ラボは12月から三ヶ月連続」と載せてもらいました!

12月にオーディション公演で、1月は……?ということで、ここで、1月の小ラボ3回めについて、一足先に情報公開いたします!

☆★☆★☆

コトリ会議 小ラボ3回め

『節電』作:山本正典
『天井のもくめが怖くて泣いた』作:牛嶋千佳

◯演出:オダタクミ(カラ/フル)

◯出演:牛嶋千佳
                要小飴
                辻崎智哉(Quiet.Quiet)
                水木たね

◯日時:2017年
                1月20日(金)19:30〜  
                1月21日(土)14:30〜/17:00〜/19:30〜
(開場は開演の20分前)

◯会場:谷町空庭(大阪市中央区常盤町1-1-8)

◯料金:1000円(前売・当日とも)

◯予約定員:15名
  ※当日券もございますが、座席数が限られますので、事前のご予約をお願いいたします。
  ご予約は、kotorikaigi@gmail.comまで「ご予約名、日時、枚数」をご連絡ください。こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。

☆★☆★☆

今回は、梅田公演で深夜2時回にだけ上演した、山本作『節電』をリライトしたものと、劇団員の牛嶋千佳の新作『天井のもくめが怖くて泣いた』の二本立てです!
そして、演出は引き続き、オダタクミさん(カラ/フル)です。オダさんにはしばらくコトリ会議にお付き合いいただきます。よろしくお願いします!
辻崎さんと水木さんという素敵なお二人にも出演していただけることが決まりました!
なんとも、わくわくする組み合わせです。

来年のことを言うと鬼が笑うそうですが、ムフフと笑ってもらいましょう。コトリ会議頑張りますよ。
今後こちらの情報も、少しずつお知らせしていきますので、よろしくお願いいたします!


それでは、今日はこの辺で。

posted by コトリ会議 at 19:01| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

オーディション公演について

コトリ会議の山本です。

ちょびちょび内容が発表されています、コトリ会議の次回の活動。

今日は、次回の活動について、今決まっている事をお伝えします。

コトリ会議が、来年のツアー公演のオーディションを行う事は、すでにブログに掲載しました。

そのオーディション、何日か稽古して、実際に作品を発表する形です。

その作品について。

発表日は、12月25日です。
開演時間は未定、回数も未定です。
場所も未定です。
世間ではその日がどういう日かは知りませんが、お芝居に今の全てをかける僕達にはちょうど良い日取りとなりました。日曜日ですし。

作品の題名も未定ですが、作品の形は決めています。

オーディション組と、コトリ劇団員組と、場面を分けて、1つのお話を作ります。

例えば、場面1をオーディション組の出演にして、場面2は劇団員組の出演、そして場面3は再びオーディション組の出演という形です。

この形が決まるまでに、劇団内では血みどろの話し合いがありました。

ある日、オーディションについて話し合っていると、山本は不思議な事に気付きました。

劇団員牛嶋の発言です。
「オーディションとか受ける人大変だよね、山本って性格超悪いし」せんべいポリポリ

続いて劇団員小飴
「まあ、誰が最後まで残れるか見ものですね。この上ない娯楽だわ」チョコむちゃむちゃ

劇団員渡邊
マシュマロちゃぷちゃぷ

劇団員若旦那
「あ、すいません、辛いもんきらしてまして、すいません買っちきます」


こ、こいつら、完全に他人事だと決め込んでやがる…!

山本は覚悟とお菓子を決めました。
「お前らも受けんだよオーディション!」バナナざっくううう

劇団員からは非難の嵐です。
なぜ劇団員である私達がオーディションを受けるのか!
そんなことをしたら落ちること必至ではないか!
山本がオーディションを受けてこい!

結局、劇団員がオーディションを受けるという事には、なりませんでした。

そのかわり、同じ作品に出演する事で、劇団員にも競ってもらいます。

観に来てくださったお客様はどう受け取ってくださるでしょうか。
今から楽しみです。

と、そのまたそんなある日、劇団会議に出席すると、そこに、カラ/フルの織田さんが座っていらっしゃるじゃありませんか。

劇団員牛嶋
「私達、この人に演出してもらうから」


!!?

なんと、劇団員同士共謀し、織田さんに演出をお願いしていたのです。

このままだとオーディション組にとって食われるからって、織田さんにお願いするだなんて!

織田さん
「あ、やまもっち久しぶりー」

久しぶりじゃねえええ


どこまで他人頼みな劇団員なのでしょうか。

そんなこんなでオーディション公演は面白い形になりました。

脚本は、山本正典
演出は、オーディション組を、山本が。
劇団員組を、カラ/フルのオダタクミさんが担当します。
総合演出が、山本です。

どんな作品に仕上がるのか、未知未知として全くもう愉快がこみ上げてきますね。

また、詳細が決まり次第、発表します。

ぜひ、観にいらしてくださいー

山本
posted by コトリ会議 at 16:48| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

作・演の山本より「コトリ会議のオーディションについて」

コトリ会議の山本です。

コトリ会議は今、オーディションに参加してくださる方を受け付けています。

来年の4月から始まる、コトリ会議お礼まいりツアー公演の出演者を募るオーディションです。
受付方法は、インターネットのメールです。
コトリ会議ブログ「電柱の上のささやき」に、応募方法の詳細を載せたブログをあげています。

10月はじめに募集し始めて、続々とお問い合わせがきています。
「続々」というところの数の詳細を求められると、なんとも、まあ、はい。
それでも、僕の想像以上に、お問い合わせが来ています。
僕の想像というのは、まあ、はい、非常に寂しいものではあったんですけれど、はい。

また、皆様から戴いたお問い合わせの中に、同じようなご質問がありました。
確かにコトリ会議ブログの募集の文面では分かりにくい内容だったので、ここで補足させて頂きます。


・オーディション期間について


今回のオーディションは1日だけではありません。
12月17日、18日、21日、23日と、4日間の作品作り日。
さらに25日にその作品を発表する日を設けて、あわせて5日間が、オーディションとなります。

上記日程全てにご参加頂き、1つ作品を作ります。
全日参加が難しい方でも、オーディションに参加して頂いて構いません。
その場合は、応募メールにその旨を記載してください。

ただ、参加日数があまりにも少ない方は、オーディション作品には出演出来ません。その分、来年のコトリ会議ツアーにご参加頂く可能性は低くなります。
オーディション作品に出演して頂くかどうかは、応募締め切り後のメール返信にてお伝えします。


・書類選考について


応募者多数の場合(夢のような話)、書類選考します。
出来る限り、僕達もご縁があればと思うので、ご参加頂きたいですが、書類選考の可能性あります。
応募者多数でなくても、諸々の条件に合致しない方は、オーディションに参加出来ません。


・今回のオーディションの形式について


5日間で作品を1つ作るという形ですが、ワークショップではありません。

作品作りの為の演出や、コトリ会議の事を知って頂く為の演出はつきますが、例えばその役者さんの為の演技指導に時間をかけるという事はありません。

僕はよく稽古場でニコニコしています。冗談をまじえてお喋りします。けれど、心の底から笑っている事はありません。

オーディション中も、本公演の稽古中も、僕はあたまの片隅で、「あ、この役者さん今油断しているな。気が抜けているな。」という事をチェックし続けています。どれだけ今、稽古に集中しているかを見ています。

1時2時間であれば、背筋をピンと意識する事は難しい事ではないと思いますが、5日間ずっと背筋を張るのは相当大変です。僕は3分でもしんどいです。

それでも、稽古場の役者さんには常に集中を求めます。全力で準備運動をして全力で演技して休憩中は全力で休んでください。

あ、そこのあなた今、「それだったら1日2日休んだ方が得じゃね」と思いましたか。僕は思いました。

でもよく考えてください。

確かに1日休んで4日間オーディションに参加した方が負担は少ない。でも僕が力一杯抱きしめたいのは、それでもでもでも5日間背筋を張り通した貴方なんです。

これは、オーディションなんです。選ばれなきゃ意味がない。この世界に意味のないものなんてない、唯一、選ばれなかったオーディションに参加する以外には。

やろうじゃありませんか。

僕はヘラヘラしてるので時折どうしようもなく腹が立つかと思いますが、堪えようじゃありませんか。

受けようじゃありませんか。オーディション。


長々つらつらと書きましたが、つまるところ、受けましょうということです。

ご応募、お待ちしてます。

オーディション情報http://blog.seesaa.jp/cms/article/edit/input?id=442451160

コトリ会議
山本
posted by コトリ会議 at 00:44| Comment(0) | 山本正典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする