2016年07月17日

朝稽古のすすめ?

世間的には三連休の中日ですね。皆様いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは。要小飴です。
私はというと、今日は朝から自転車を走らせていますと、どこからともなく囃子の音が。そして、法被姿のお兄さんたちと、美しい地車。道沿いには提灯が続いて、と、なんとも素敵な光景に出くわしました。朝から自転車の甲斐がありました。
私は出身がこちらでない上に、地元でも一度引っ越しをしていますので、その土地でずっと続く祭事や行事を継ぐということがありませんでした。もちろん、子供の頃にそういう経験をしたことがないわけではありませんが、少なくとも今の私にはちょっと縁遠いもので、漠然と憧れのような気持ちがあります。日常が非日常に道を譲ると言いますか、そういう特別なことって素敵だなぁ、生活の上で大切にしたいなぁ、と思います。

とまあ、
今日の私の外出時の感想はこれくらいにして。

なぜ朝から自転車を走らせていたのか、と言いますとね。
小ラボ1回めの作品『小鳥。名前はコネリ。』の稽古があったからなのです。
今回は、コトリ会議単体での公演では初めて、山本以外の演出家さんについていただき、作品づくりに取り組んでいます。
兵庫県立ピッコロ劇団の原竹志さんです!
57CE3DA9-8AA9-45D6-8BAD-84A056907902.jpg
原さんは対ゲキ大阪、東京公演に出演していただいたのですが、今回は演出としてコトリ会議に参加してくださいます。原さんの貴重な朝の時間をいただいて、今回の小ラボ、そしてコネリについて、どうしたらお客様に楽しんでいただけるか、考えを巡らせたり、試したりしています。

原さんは、笑顔も喋り方も大変優しい方ですが、作品のこと、演技のこと、世の中のこと、に対しては、ぐっと熱を秘めた言葉で話してくださる方です。頭の中、胸の中にあることに丁寧に言葉をあてて、私たちに手渡してくださっています。
C747D2B2-46C1-441B-B61F-7BD4A2CE60A1.jpg
原さんが伝えてくださることを、しっかり受け取って自分のものにして、それを舞台の上にどう載せるか、本番まで日数は限られていますが、どんどん試して良いものにしていきたいです。
小さなラボラトリー、そして劇団外の演出家さんとのコラボ、としての「小ラボ」。これから、どんなふうに進んでいくのか、本番当日どんなことになるのか。どうぞ、お楽しみに。

お知らせを発表してから、すでにご予約をいただいております。ありがとうございます!
今回は定員5名というごく僅かなお席となりますので、ご来場いただける方は、コトリ会議公式メールアドレスkotorikaigi@gmail.comまで、お早めにお知らせくださいませ。

それでは、以下情報です。

コトリ会議新企画
小ラボ1回め「小鳥。名前はコネリ。」
作:山本正典
演出:原竹志(兵庫県立ピッコロ劇団)

日時:2016年8月14日(日)5回
(12:00 / 14:00 / 16:00 / 18:00 / 20:00)
 上演時間15分程度
 終演後20分程度、企画や作品に関してお客様と振り返りをおこないます

会場:大阪市立芸術創造館2階<制作者ボックス>

定員:1回5名
入場料:500円

出演:牛嶋千佳 / 要小飴
制作:若旦那家康

問い合わせ:090-9273-4609 / kotorikaigi@gmail.com





posted by コトリ会議 at 16:19| Comment(0) | 小ラボ1回め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

これからのコトリ会議〈東京公演&8月小ラボについて〉

こんばんは。
コトリ会議の要小飴です。

本日7月3日(日)、対ゲキ東京公演でお世話になったこまばアゴラ劇場の2017年度の前半期ラインナップが発表になり、そのなかに、なんと、コトリ会議新作公演が並ぶことになりました!


コトリ会議は2017年6月の第2週目に公演を行う予定です。
再び、東京のお客様にコトリ会議の作品をお届けできる機会をいただきましたこと、劇団員一同とても嬉しく思っております。
公演詳細は、またブログ、Twitterなどでお知らせいたしますので、しばしお待ちください。



そして、今日はもう一つ。
8月14日(日)の小ラボの詳細も発表します!


☆★☆★☆

コトリ会議新企画
小ラボ1回め「小鳥。名前はコネリ。」
作:山本正典
演出:原竹志(兵庫県立ピッコロ劇団)

5都市のツアーを終えて代表の交代、劇団員の退団を経て新体制になったコトリ会議が俳優としての熟練を目指し、コトリ会議の作品を劇団外から演出家を招いて最小規模の公演を実験的におこなう企画として小ラボ(小さなラボラトリー、コラボレーションの意を込めて)をおこないます。
1回目の作品は大大阪舞台博覧会vol.2で上演された『小鳥。名前はコネリ。』を芸術創造館内でもっとも小さな部屋で、演出には『あたたたかな北上』でコトリ会議の作品を体現していただいた兵庫県立ピッコロ劇団に所属する俳優・原竹志氏を招いてお送りします。
ふらっと15分ほどの作品を観に来るには難儀かもしれませんが、周辺の甘味どころなどを記した地図をご来場の際はお配りいたします。
もしお時間ございましたら、足をお運びください。

日時:2016年8月14日(日)5回(12:00 / 14:00 / 16:00 / 18:00 / 20:00)
 上演時間15分程度
 終演後20分程度、企画や作品に関してお客様と振り返りをおこないます

会場:大阪市立芸術創造館2階<制作者ボックス>

定員:1回5名
入場料:500円

出演:牛嶋千佳 / 要小飴
制作:若旦那家康

問い合わせ:090-9273-4609 / kotorikaigi@gmail.com

☆★☆★☆

ということで、対ゲキ大阪、東京でお世話になった原竹志さんに演出をお願いして、「小鳥。名前はコネリ。」を上演いたします。
もう一度この作品と向き合うとともに、外部からお招きした演出さんと向き合う、コトリ会議にとって新しい取り組みです。この小ラボがどんなものを生み出すのか、どうぞご期待ください。

それでは、今日はこのへんで。

要小飴

posted by コトリ会議 at 20:36| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

妄想プロデュースさん出演終わりました。そして、

皆さん、こんにちは。
コトリ会議の要小飴です。

まず、出演させていただきました、6月25〜26日の妄想プロデュース番外公演『旅路の果てから〜妄想プロデュースの妄想をしてみた〜』無事終演いたしました。ご来場いただいた皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。

私にとっては二度目の外部出演。今回は演出さんも共演者もみんな同世代。座組のみんなとはすぐに仲良くなり、楽しいことがいっぱいありました。でも同時に、この同世代の存在が常にいいプレッシャーを与えてくれました。
終演してからもそれは変わらず、離れたところで彼女たちの活躍を感じながら、私は私で精進していかなければと思っているところです。
ダンスとかアンサンブルとか、やったことのないこともたくさんあって、挑戦もたくさんありました。色々苦戦はしたものの、今回限りでなく、これからもたくさん挑戦していきたいと思います。
今回のご縁をいただいたことに心から感謝しています。
繰り返しになりますが、ご来場いただいた皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。



さて、この妄想プロデュースさんの公演パンフレットに、実はコトリ会議の今後について、少しだけお知らせを載せていただきました。
それが、こちら。

【コトリ会議・小ラボ1回め
タイトルないしょ
日時:2016年8月14日(日)数回
会場:大阪市立芸術創造館内某部屋】

うーん。
はっきりした事柄が日にちしかないですね。
今回、8月14日(日)に、本公演とは違う形での取り組みを行います。その名も「コトリ会議小ラボ(こらぼ、と読みます。)」
“タイトルないしょ”というのは、『ないしょ』というタイトル、ということではなく、まだ秘密ですよ、という意味です。

もったいぶるわけではないのですが、どんな取り組みなのか、どんなタイトルのものなのか、は、また別の機会に皆さんにご報告させていただければと思います。もう少しお待ちくださいね。

今のところは、8月14日(日)にコトリが何かやるつもりなんだなー、芸創でやるんだなー、と頭のすみにおいていただければと嬉しいです。

それでは、今年は熱中症との戦いをかなり早い段階から繰り返している私です。皆さんもどうかご自愛くださいませ。

要 小飴
posted by コトリ会議 at 21:22| Comment(0) | 要小飴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする