2016年07月17日

朝稽古のすすめ?

世間的には三連休の中日ですね。皆様いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは。要小飴です。
私はというと、今日は朝から自転車を走らせていますと、どこからともなく囃子の音が。そして、法被姿のお兄さんたちと、美しい地車。道沿いには提灯が続いて、と、なんとも素敵な光景に出くわしました。朝から自転車の甲斐がありました。
私は出身がこちらでない上に、地元でも一度引っ越しをしていますので、その土地でずっと続く祭事や行事を継ぐということがありませんでした。もちろん、子供の頃にそういう経験をしたことがないわけではありませんが、少なくとも今の私にはちょっと縁遠いもので、漠然と憧れのような気持ちがあります。日常が非日常に道を譲ると言いますか、そういう特別なことって素敵だなぁ、生活の上で大切にしたいなぁ、と思います。

とまあ、
今日の私の外出時の感想はこれくらいにして。

なぜ朝から自転車を走らせていたのか、と言いますとね。
小ラボ1回めの作品『小鳥。名前はコネリ。』の稽古があったからなのです。
今回は、コトリ会議単体での公演では初めて、山本以外の演出家さんについていただき、作品づくりに取り組んでいます。
兵庫県立ピッコロ劇団の原竹志さんです!
57CE3DA9-8AA9-45D6-8BAD-84A056907902.jpg
原さんは対ゲキ大阪、東京公演に出演していただいたのですが、今回は演出としてコトリ会議に参加してくださいます。原さんの貴重な朝の時間をいただいて、今回の小ラボ、そしてコネリについて、どうしたらお客様に楽しんでいただけるか、考えを巡らせたり、試したりしています。

原さんは、笑顔も喋り方も大変優しい方ですが、作品のこと、演技のこと、世の中のこと、に対しては、ぐっと熱を秘めた言葉で話してくださる方です。頭の中、胸の中にあることに丁寧に言葉をあてて、私たちに手渡してくださっています。
C747D2B2-46C1-441B-B61F-7BD4A2CE60A1.jpg
原さんが伝えてくださることを、しっかり受け取って自分のものにして、それを舞台の上にどう載せるか、本番まで日数は限られていますが、どんどん試して良いものにしていきたいです。
小さなラボラトリー、そして劇団外の演出家さんとのコラボ、としての「小ラボ」。これから、どんなふうに進んでいくのか、本番当日どんなことになるのか。どうぞ、お楽しみに。

お知らせを発表してから、すでにご予約をいただいております。ありがとうございます!
今回は定員5名というごく僅かなお席となりますので、ご来場いただける方は、コトリ会議公式メールアドレスkotorikaigi@gmail.comまで、お早めにお知らせくださいませ。

それでは、以下情報です。

コトリ会議新企画
小ラボ1回め「小鳥。名前はコネリ。」
作:山本正典
演出:原竹志(兵庫県立ピッコロ劇団)

日時:2016年8月14日(日)5回
(12:00 / 14:00 / 16:00 / 18:00 / 20:00)
 上演時間15分程度
 終演後20分程度、企画や作品に関してお客様と振り返りをおこないます

会場:大阪市立芸術創造館2階<制作者ボックス>

定員:1回5名
入場料:500円

出演:牛嶋千佳 / 要小飴
制作:若旦那家康

問い合わせ:090-9273-4609 / kotorikaigi@gmail.com







posted by コトリ会議 at 16:19| Comment(0) | 小ラボ1回め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。