2012年08月06日

「もうひとつは君のぶん」のこと

2012080313390002.jpg2012080313390001.jpg2012080313390000.jpg
山本です。お久しぶりです。

コトリ会議演劇公演10回め「もうひとつは君のぶん」
明日、楽日です。
休憩中に、寝てるみんなの写真も添えて

今回は月曜日もやります。
ぜひ見て頂きたいと思います。
以降、ネタばれと言っても、そもそも、パンフレットにお伝えしたいことの大体は載せているので、なんか書いちゃいます。ブログで。

今回のお芝居は、コトリ史上、本番に至るまで、本当に苦しい思いをしました。
聞くところによると、稽古中に、山本は顔が変形していたんだそうです。痩せたり太ったり。
でもこれからもきっと苦しい事は、それ以上のものがやってくるんでしょう。
いい経験です。

「もうひとつは君のぶん」というタイトルは、今年の正月に思いつきました。
ふと、ファミレスに長時間座って痛いお尻。オサレな電球を見つめていたら、思い浮かんだのは、じいちゃんです。
じいちゃんが地元の祭りの時に、交通安全係みたいな役目で、道路の脇に椅子を置いて、ぼんやり座ってたなあ、という情景が、そんときの顔が笑顔でね、ただ道行く人を眺めてるだけでね。僕はじいちゃん好きだから、祭りに行かんと、傍にしばらくいたら、「早く祭りに行け」とせかされて。じいちゃんも僕の事多分好きやったから、傍にいた方が嬉しいだろうに、異常にせかしはじめてね、あ、うん、じゃあ行くわって言って、なんかさびしい気持ちで祭りに行ったなあ、という思い出ですね。
そいで、これはなんのこだわりか知らんけど、じいちゃんの事ばかり思い出したら、ばあちゃんが不公平だ、みたいなこだわりが僕にはあって、ばあちゃんが歌ってた変な歌を思い出してね、そんなうちに、二人ともいなくなったなあと考えてると、もう、あとは涙ぐんでるだけなんですね。
そんなのは、多分一生このままなんかなあって思うど、「もうひとつは君のぶん」そうなりますね。

うん、特にたいしたネタばれにならんかった。じいちゃんばあちゃん出てこんし、芝居に。

よかったら、楽日、15時から、いかがですか?

山本が異様に喜びますよ


posted by コトリ会議 at 02:23| 山本正典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。