2017年09月23日

渡邊歩惟 退団のお知らせ


いつの間にか9月も後半ですね。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。要小飴です。

タイトルで驚かれた方もいらっしゃると思います。突然のお知らせになり、申し訳ありません。

この度、10月31日をもって劇団員の渡邊歩惟がコトリ会議を退団することになりました。
故郷の愛媛に帰るのだそうです。

私にとってコトリで初めて出来た後輩である彼女。
一緒に過ごした時間を思うと、やはり、遠く離れてしまうことは、どうにも寂しいことではあるのですが、彼女の決心を精一杯応援しようと思います。

これから渡邊はコトリ会議所属ではなくなりますが、これまで結んできた縁が切れるわけではありません。それぞれ別の道にはなりますが、お互いの歩む姿がお互いの励みになるような関係を、これからも築いていければいいなと思っています。
皆さん、これからも私たちのことを見守ってください。
よろしくお願いいたします。

とはいえ、10月末までまだ一ヶ月以上あります。それまでは、まだ劇団員。引っ越し準備などで忙しくなるかもしれませんが、もう少しだけ彼女との時間を楽しもうと思います。

皆さんも、もし彼女を見かけたら、声をかけてあげてください。

それでは、渡邊よりのご挨拶を以下に掲載させていただきます。



☆★☆★☆★☆★☆




朝夕日毎に涼しくなりましたが、如何お過ごしでしょうか。 

ブログ側ではご無沙汰してます。
先日久しぶりに中学生に間違われました渡邊です。パックの牛乳飲んでたからでしょうか…

5都市ツアーではコトリ会議を応援していただき、力を貸していただき、誠にありがとうございました。
各地方で沢山の方にコトリを受け入れて貰えている姿を目の当たりにし、ひっそりとではありますが、劇団員の一人としても、コトリを大好きな一人としても、嬉しく感じております。 


さて、この度私、渡邊歩惟は10月末を以てコトリ会議を退団致します。


なお、コトリを嫌いになった訳ではありません。
寧ろ入る前より好きになってると思います。
言わされてる訳でもないので悪しからず(笑)

皆でわーっと騒いだりご飯を食べたりする楽しい時間も、作品創りの厳かな時間も、振り返ってみると苦かったり面映ゆかったり温かかったりととても充実した日々で、入る前から好きでしたが更に好きになっていってる劇団を、作品を、皆との日々を、堪能していた気がします。
その時時を通して、劇団に入らなければ知らなかったことも、知らないことすら分かってなかったことも、先輩達と関わることで得たことも、コトリを通じて出会えた沢山の人達との思い出も、これからの私にとってはとても大事な御守りになるのではないかと思います。

そんな私は、立ち位置と視点を変えてこれからを過ごして行く予定です。
それは生活にもだったり演劇にもだったり。
もしかしたらその内ひょっこり前の位置に戻ることもあるかもしれませんし、ないかもしれません。

焼肉…焼肉はどうしよう。
宝くじ当たったらとかひょんな感じに諭吉さんが複数人懐に転がり込んできたりしたらとかにしときます…

 応援して下さった方やお世話になった方、気にかけてくださった方には大変申し訳ありません。 
 並びに、今までたくさんありがとうございました。
不義理をした身ではありますが、もしどこかでお見かけしましたらば、その時は温かく見守って頂けますと幸いです。

ツアーで力をつけたコトリ会議はこれからもっと面白くなっていくでしょう。
ちゅん会では面白い話も出ていましたよ。
是非とも、今後のコトリ会議の動きに御刮目くださいませ。

コトリ会議と、コトリ会議を見てくださってる皆様と、これからコトリ会議に関わるかもしれない皆々様の進む未来がとても素敵な未来でありますように。
これまたひっそりと、これからも願ってます。

拙い割りに長々となってしまいましたのでこの辺りで。
お付き合い頂き、ありがとうございました。


渡邊歩惟




posted by コトリ会議 at 13:15| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

コトリ会議、竹やぶとじのご挨拶

コトリ会議の山本です。

8月26日の仙台公演をもって、五都市お礼まいりツアー公演「あ、カッコンの竹」終演しました。


本当にたくさんのお客様に見て頂きました。

本当にたくさんの方に助けて頂きました。

ありがとうございます。


お礼をしてまわるツアーのはずが、逆に各地でもっとお礼をしたい方が増えました。

こうやって劇団は活動を続けていくのだと、当たり前のことにもう一度気づかせてくれた旅公演でした。


実は座組みの中で、「あ、カッコンの竹」台本に一番自信を持てなかったのが僕ではないでしょうか。

タイトルから気に入りませんでした。

そんな中、台詞を声に出して演じてくれる役者さんに力を分けてもらいながら、どうにかこうにか稽古を重ねてきたように思います。


3月。狭い稽古場で、大石さんと、まえさんが、汗だくになりながら冒頭の先輩後輩の場面を演じていました。

まだ台本の終わりどころか、中盤も出来上がっていない、野お母さんなんか台詞一つしか書き上がっていない土台の上で、2人の必死のやりとりから、僕も必死に自分の台本の可能性を探りました。

大石さんもまえさんも、本当にガツガツ演技で訴えてきてくれて、結果、このツアー公演を通して、僕のお気に入りの場面が出来上がりました。


だのに、4月の名古屋公演初日は、こんなことを言うのはいけないことなんだけれど、自分の思っていたものとはかけ離れた芝居が出来上がっていました。

ナンジャーレの屋上階に1人佇み、夜闇の中、クジラの置物をじっと見つめ続けて終演後の全員集合をすっぽかしたのが良い思い出になったのは、名古屋公演のお客様が、SNSでたくさん感想を送ってくれたからでした。

初日アフタートークゲストの長谷川さんも励ましてくださり、助けられました。

その後、スタッフも出演者も集まって、初日の舞台終わり、疲労困ぱいの中、稽古が出来たことも良かった。

それは、実際に舞台を使って、実際のきっかけで音響も照明も操作して、出演者は客席からそれを見つめ、台本を読むという変わったものでした。

皆は台本と舞台を見つめ直して、僕は客席にいる出演者を見つめ直して、密な時間を過ごしました。

そんな中、舞台をひょこひょこと、妖精のように動き回る、舞台美術補佐の竹腰さんは、着々と竹やぶを補強してくださってました。

竹腰さん、その後も各地で竹やぶを美しく仕上げてくれて、なんというか、竹やぶに潜む、彼女は何かだったのではないでしょうか。


5月の大阪公演では、三村さんと藤谷さんが本領を発揮し始めました。

立ち上がった舞台でひそひそ話する2人は、竹やぶのセットの一つ一つに、三根とよしの思い出をこめていました。

どんな思い出か聞いてみても、2人は教えてくれませんでした。

役者さんの中で竹やぶがわさわさ育っているのを感じて、僕は嬉しいけど寂しくなって、悔しいので1人で竹やぶの裏設定を付け足しました。

また、劇場が変わると竹やぶも変わり、その都度、照明の石田さんと音響の佐藤さんはウンウン悩んでいました。

石田さんは、竹やぶの暗がりと、役者さんの顔当ての狭間で、あっちこっち探りまわって、本番が終わるたんびに明かりを確かめていました。

佐藤さんは、竹木琴と、小鳥の釣り物の両方を操作しながら、鹿威しのカッコンを鳴らし、パソコン操作し音も出すという離れ業を黒マントを羽織ってひょうひょうとこなしてくれてましたが、本番中、本人を盗み見ると、結構焦っていました。

時々カッコンの音がくぐもって聞こえることがあって、僕は密かにニヤリとしました。


6月初旬は本当に忙しい時期でした。

それもこれも、大阪公演から東京公演まで2週間足らずの間に、山本がまた台本を書き換えると言ってきたからです。

ラスト手前の、加代と太郎の会話は、東京公演まで試行錯誤の繰り返しでした。

野村さんと本田さんは、都市ごとに、場面が変わるたんびに、台詞の発し方を考え、今度はドタバタして今度は静かにして今度は走り続けて、そして2人の場面を全部作り直して、てんやわんやでした。

よく反旗を翻しませんでした。

2人のおかげで、お芝居が引き締まったものになり、台本の書き換えに終止符をうつことが出来ました。

また、東京公演のみ、照明操作を担当した木内さんには、働く大人の格好良さをこれでもかと見せつけられ、僕は何も敵わず、ひたすらカッコ良さげなペン回しを練習しました。


7月の新潟公演は、さすが四都市めとなると、役者さんの動きも舞台の仕込みもスムーズだね、と言いたかったのですが、いやいや、やっぱり竹やぶは人が気軽に出入りしていい場所ではありませんでした。

舞台のサイズも作りも変わり、四苦八苦する役者さん。

宇宙人の背負っているランドセルや野お母さんの頭の飾りのよく引っかかること。

思わず「誰だこんな台本にない衣装頼んだのは!」と怒鳴りちらしました。

衣装を頼んだのは僕でした。

観光どころではありませんでした。

そんな中、アフターイベントで、前にコトリ会議が新潟で上演した「新幹線も弾く毛布と愛おしい明け方」を、男優陣がリーディングするという企画がありました。

これが予想以上に面白く、勇気を貰えたかといえば、逆に「あ、カッコンの竹」はどうなのだろうと、僕はまた自分の中で押し問答をすることになるのでした。


この新潟公演がきっかけとなって、僕はまだまだ「あ、カッコンの竹」が発展するんだろうと思えたし、皆にもまだまだくすぶっているものがあるんだろうと感じました。

それは、各地で感想の色合いが異なることからも感じました。

東京ではどちらかというとコメディと捉えられていたものが、新潟ではホラー。

地域によって異なることは当たり前のことだけれど、一つの作品がこんなに様変わりすることあるんだろうか。

改めて、「あ、カッコンの竹」を見つめ直すきっかけとなりました。


8月の、暗がりでの稽古場リーディング公演はそんなきっかけで生まれました。

ここにきて、役を取っ替えてのリーディング公演。

稽古は二日間。そして仙台公演まで一週間。限られた時間をそんなことに使ってよいのか。

僕が役者だったら真っ先に反対する提案を、役者さん皆賛成してくれました。

なんて愛おしいバカたちだろう。

僕は皆に、真面目に考えろと説教したくなりました。

そんなリーディング公演は、結果、とても良く出来たとは言えない出来でした。

実のところ、あんまり僕には収穫のなかった公演でしたが、一つだけ、今まで「あ、カッコンの竹」を上演した都市からお客様が駆けつけてくださったのが、本当に嬉しいことでした。

各地でずくずくと竹やぶが育ってきている。

いつか忘れ去られる「あ、カッコンの竹」ですが、なんだかもう少し、幸せを感じようと思いました。


そして僕には収穫のなかった暗がりリーディング公演でしたが、役者さんはそうではなかった。

その後、稽古でやった、本役に戻っての本読みは、とても刺激的なものになりました。

劇的に何かが変わったわけでないのに、絶対に劇的な何かが使われた感触。

これはまだまだ、あと三都市は回れるなと思いました。


仙台公演は、皆、とてもいきいきした顔で始めることが出来ました。

仕込みの現場にお子さんと犬さんがいてくれたことも良かった。

短距離男道ミサイル澤野さんの息子さんと、小濱さんのパートナーすももちゃん。

何度かすももちゃんを下敷きにしかけたけれど、良かった。

あと、本番初日の朝。まえさんが深刻な顔をして、「僕、本当に口をテープで塞いで寝てるんですけど、どうしても、はっきり寝言言っちゃうんですよね」って悩んでる姿が、どうでもよかった。


役者さんの顔が、四都市を経て、「どうだ、面白いもん持ってきたぜ」っていう表情してる。

誰からぶん殴ってやろうと思いました。


仙台のお客様も、作品をどう面白く見ようと協力してくださっている空気で、僕には嬉しい本番でした。


改めて思い返してみると、本当に面白い公演でした。と言い切るのが中々出来ないのが僕のどうしようもないところなのですが、それでも、名古屋、大阪、東京、新潟、仙台と上演してまわれたことは、本当に良かったと思います。

その中で、たくさんの感想を、アンケートやSNSから戴きました。

ありがとうございます。


「あ、カッコンの竹」の竹やぶセットは、仙台で安全に解体されて、もうどこにもありません。

「あ、カッコンの竹」の竹やぶは、皆さんもうお気づきのように、ただの人の生活の影です。

閉じることの出来ないそれを、私たちは心にどう綴じるのか、とても答えは出せませんが、それでも、ただの人の生活の一部です。

とりあえず僕は、そろそろ扇風機を片付けます。


ご挨拶、終わります。


あ、次回のコトリ会議、すでに来年6月、東京のこまばアゴラ劇場での公演が決まってますけれど、今回よりもっと面白いです。


そんな作品作りが続けられることに嬉しくなって、また会う日まで

409FD44E-5988-41E6-81FC-A94F11B68718.jpg


コトリ会議

山本

posted by コトリ会議 at 13:32| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

お礼してまわるツアー『あ、カッコンの竹』で5つの都市を回るんです。

『対ゲキ』 というごく一部かもしれないが話題に2015年から2016年に話題に上がった地方を拠点とする3劇団が協働制作で5都市をツアーする公演がありました。
それに参加していた大阪を拠点としてたコトリ会議は各地に演劇仲間ができました。

仲間に、お客さんに会いにいって元気にお礼が言いたい!

そんな気持ちで2都市ですらツアーをしたことのなかったコトリ会議が
単独で5都市を渡り鳥の様にお礼してまわろうと思います。

2年ぶりの新作長編と、オーディションを経た出演者と仙台からの客演を招いて
皆さまとお会いできること、各劇場で心よりお待ちしております。

◆各公演の大まかな概要的なもの
制作的な事を色々考えれる【名古屋】ナンジャーレ
2017年4月21日〜23日


space×drama◯に参加します【大阪】シアトリカル應典院
2017年5月26日〜29日


これからもっと色々企画を考えないと【東京】こまばアゴラ劇場
2017年6月8日〜12日


まだまだ未知が多いからにじり寄るぜ、念願の【新潟】新潟古町えんとつシアター
2017年7月8日〜9日

山本作品の大阪以外での上演が初めてだった街【仙台】せんだい演劇工房10-Box
2017年8月25日〜26日


これらに出てくるキャストさん。
牛嶋千佳 要小飴 若旦那家康(以上、コトリ会議)
大石丈太郎 野村由貴 藤谷以優 まえかつと 三村るな
本田椋(劇団 短距離男道ミサイル)

作品を具現化してくれるスタッフさん。
舞台美術 柴田隆弘
音響 佐藤武紀
照明 石田光羽
照明オペレーション 木内ひとみ(東京のみ)
舞台監督 柴田頼克(かすがい創造庫)
衣装 山口夏希
小道具 竹腰かなこ
音楽 トクダケージ(spaghetti vabune!)
宣伝美術 小泉しゅん(Awesome Balance)
制作 若旦那家康
制作助手 渡邊歩惟
制作協力 佐和ぐりこ(オレンヂスタ)、秋津ねを(ねをぱぁく)、杉浦一基、ほかまだ内緒。

作品を生み出す作・演出は山本正典

よろしくお願いいたします。
posted by コトリ会議 at 00:00| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

コトリ会議稽古場公演のこと



山本です。

コトリ会議の稽古場公演について。

ただいま、コトリ会議のGメールでご予約承ってます。
ご予約受付は、8月17月の、17時で終了します。
当日、ご予約無しで来られると、僕たちしどろもどろになるので、どうしようかなという方は、コトリ会議Gメールまでご連絡くださいね。
よろしくお願いいたします。

どうせ誰も来ないだろうと思っていたら、予想に反してご予約どしどし戴きました。
すでに10名をこえております。

すごく嬉しいです。
ありがとうございます。

でも、
皆さんきっと勘違いされていると思ったので、もう一度注意喚起をしようと思い立ったんです。

皆さん、タダより怖いものはありませんよ。

コトリ会議稽古場公演は、真っ暗闇で上演する予定です。

眠たくなりますよ。

前日は、たっぷり睡眠をとってください。

役者が真っ暗闇に乗じて何するか分かりません。

スカートめくりしますよ。
(その際は声をあげてください、逮捕します。若旦那より)

覚悟してください。

真っ暗闇なのに、役者が全速力で走ります。

足踏まれますよ。

踏まれても大丈夫な靴とメンタル、ご準備ください。
(場内は土足厳禁ですので、靴は履けないのだと山本に言い聞かせます。若旦那より)

受付の人なんていませんから、ご案内は劇団員がします。
(概ね僕です。若旦那より)
段取り悪いですよ。
(概ね僕です。若旦那より)
マジすよ。

あれ?

真っ暗闇のはずなのに、部屋の隅に白い顔が浮かんでますね。

見ちゃいけない人、見えてますよ。

見えても僕には言わないでくださいね。
(山本は本当に心霊現象に対して怖がりなのでやめてあげてください。ていうかペンライト使った俳優じゃない?若旦那より)
次から次へと、怖いことが予想されますね。

それでも見たいという方、まだご予約承ってます。
念のため、下記、詳細です。

コトリ会議稽古場公演
「あ、カッコンの竹」
日時:8月19日午前11時より。
場所:大阪市立芸術創造館、演劇練習室大
料金:カンパ制
その他:今回は、稽古場公演。ただいまツアー公演中の、「あ、カッコンの竹」の稽古の一環として、上演します。役者は、本来の役を取っ替え引っ替えして、リーディングに近い形の公演になります。部屋の明かりを全部消して上演する予定です。本当に眠たくなります。でも、全てを乗り越えた時、私たちはとても面白いものに出会えるかもしれません。

お待ちしてます!
posted by コトリ会議 at 19:11| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

『あ、カッコンの竹』稽古場公演 ご予約の方法

こんばんは。要小飴です。

昨日、山本より『あ、カッコンの竹』の稽古場公演のお知らせをさせていただきました。さっそくSNS等で反響をいただき、ありがたい限りです。

23時より受付開始とだけお知らせさせていただいておりましたが、なんてこと、ご予約の方法を説明していないじゃないですか、と気づき、こんな時間にブログをしたためております。

今回の稽古場公演のご予約は、コトリ会議Gmailにて承ります。


コトリ会議kotorikaigi@gmail.comまで
ご予約名、枚数、緊急連絡先(電話番号)『あ、カッコンの竹』をどちらで観てくださったか(名古屋、大阪、東京、新潟)」をご記入の上、メールをお送りください。

こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。

※送信後24時間経過しても返事がない時はお問い合わせください。
また、受信制限がある方はkotorikaigi@gmail.comの制限をはずしておいてください。

会場などの都合もあり、お席に限りがあります。観に行ってやろうじゃないかとお思いの方がいらっしゃいましたら、どうぞお早めにご連絡ください。

ここで、ずいぶん前の稽古場の写真をいくつか。F6DD1304-5D4F-4818-A1CC-FAE8BF8EA40E.jpg32A6ACF7-B12A-4ED6-8DFC-69D6C9E5270C.jpg8D0BCDCA-0FFF-43B6-9670-9A0A8DEA7695.jpg
A97140A9-C3D0-4356-B382-B4439BE65649.jpgB8A4BCBA-2DB9-42EA-9314-C61E1CFFF782.jpg

それでは、皆様からのメールを心からお待ち申し上げております。

要小飴でした。


posted by コトリ会議 at 01:57| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

コトリ会議、稽古場公演について


山本です。

コトリ会議は、8月25、26日に仙台で公演します。
すでに、名古屋、大阪、東京、新潟の4都市で上演されてきた「あ、カッコンの竹」
その5都市めの公演です。

なんだかしんみりしますね。

やけどしんみりするの嫌なので、仙台公演の前に、稽古場で試したい事があります。

それが、「コトリ会議、稽古場公演」です。

これまで、4都市であわせて21回上演された「あ、カッコンの竹」を、もっと豊かに、もっと鋭く、面白く出来ないかと考え、役者さんに提案しました。

役を変えて、実際に何日か稽古をします。
そうして出来上がったものを、お客さまに見て頂き、評価してもらおうという公演です。
役者さんには台本を持ってもらうので、リーディングに近い形になると思います。

稽古場で、役を変えて台詞を喋り、演技に新鮮さを求めるような事を、コトリ会議でも何度かやっていますが、今回は少し違う事になると思います。
お客様がいて、
背筋をはって、
今まで上演してきた本番の、「あ、カッコンの竹」の答え合わせをしていくような感覚。
昨年のオーディション公演からここまでの、この座組みで皆で作ってきたものを、改めて、一歩下がって、見つめ直す感覚。
この稽古場公演を経て、役者さんが、そして僕の演出がどうなるのかは、はたして、なんにも分かりません。
でも、皆で一所懸命考えてきた、なぞなぞの答え合わせって、すごくワクワクすると思う。

見にきませんか。

もちろん、品質は保証しません。
それどころか、僕の今考えているところでは、この稽古場公演、部屋の明かりは全て消したままです。
真っ暗な竹やぶを想像する為に、部屋も真っ暗にするんです。

はたして公演は成立するのでしょうか。
役者さんは手に持った台本が読めるのでしょうか。
読めないでしょう。
仙台公演の本番前やし、かわいそうやし、ペンライトくらいは持たせてあげましょう。
役者さんは、右手に台本を持ち左手にペンライト。
両手が塞がった状態でどう演技するのでしょうか。
演技に集中出来ないんじゃないでしょうか。
でもきっと、お客様の前に立っている事には集中してくれると思う。

放送事故ならぬ、演劇事故が起きる予感を多分に孕んだこの稽古場公演。
でも良いんです「稽古場」なのですから。


日時は、8月19日の午前11時より。
場所は、大阪の、芸術創造館の三階の、演劇練習室大
お代は、、、さすがに戴けませんが、僕たちせめて、仙台は飛行機で行きたい。
なので、真っ暗な中にこっそり、コトリ会議交通費ボックスを設置しています。
皆さん、手探りで何とか探し当てて頂いて、交通費をカンパして頂けませんか。
もちろんカンパして頂かなくても構いません。
芸術創造館まで来られたお金と時間分は、しっかり元を取れるような作品にします。

また、この稽古場公演は、「あ、カッコンの竹」の公演を、4都市どこかで見てくださった方限定でのご案内とさせてください。

客席は、多くて10席だと思います。
予約方法は、後ほど劇団ブログやTwitterでご案内します。

僕たちそわそわしながら、お待ちしてます。

山本
posted by コトリ会議 at 15:03| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

あ、カッコンの竹新潟公演イベント

若旦那です。
あっという間に来週にはえんとつシアターでの新潟公演。
名古屋からの制作者アフタートーク(僕はもっとしゃべりたいシリーズ)とイベントをしてきましたが、新潟も何かしようと思います。

@7月8日(土)17:00公演
「新潟の産んだ俳優・本田椋が今回は服を着て錦を飾るトーク」
劇団 短距離男道ミサイルの本田さんは新潟ご出身だそうで、ただミサイルの公演で新潟に来たら裸なので錦を着れないと。
なのでちゃんと服を着て、新潟への思いをお伺いしようかと思います。
そこは制作者の僕ですから、地元を離れた俳優が凱旋公演・そして劇団自体もこりっち演劇まつりグランプリ受賞とのタイミングの良さ、タイミングって何だってことを考えて話をすることにします。
0608kakkon-17.jpg

A7月9日(日)11:00公演
「新潟でやった"しょーもない"作品のリーディングと検証」
コトリ会議は新潟では20分くらいの作品しか上演してないです。しかも台本は先に渡していたとはいえ稽古は実質4日間で、山形合宿で、えんとつシアター支配人の逸見さんと山形在住の新潟演劇人の石川さんと、山本が合宿で。
P1014998.JPG
そのとき食べさせてもらったご飯がおいしかったとだけ聞いています。
それを今回の俳優でリーディングします。
カッコンの竹の余韻の中、作品を比べてみます。
俳優(本田さん、大石さん、まえさん)本編もやるのに、大変だ!
もし欲しいお客さんがいたらその台本も差し上げます。

B7月9日(日)16:00公演
「新潟の演劇を盛り上げる逸見さんとガチンコ制作トーク」
私、コトリ会議制作の若旦那家康が新潟の小劇場、演劇を実際に支配人の逸見さんに色々聞いてみようと思います。
なにがガチンコってこのブログの記事を書いている段階で逸見さんに相談も出演交渉もしておりません。
これを読んで、直接怒られたり、快諾されたり、色々すると思います。
3回公演しかないので、全部しゃべって、バラして大阪に帰って、また新潟に来る礎にします。
あ、逸見さんの出ていた記事です。→新潟日報モア

新潟公演、おそらくこれまでに一番コトリ会議を観たことのない人達の割合が多いでしょう。
ドキドキします。

<日時>
7月
8日(土)17:00
9日(日)11:00/16:00

<料金>
一般予約:2,000円
当日:2,500円
チケットぴあ:2,000円(Pコード:459-222)
予約はこりっち!http://stage.corich.jp/stage/80637/ticket_apply
posted by コトリ会議 at 01:14| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

念願の『あ、カッコンの竹』新潟公演

若旦那です。

新潟公演については先に作家・演出家の山本君が先に『コトリ会議の新潟公演観劇のすすめ』を書いてくれていますが、僕からも色々書いておきます。

上記ブログ記事中で対ゲキ新潟公演のコトリの作品は「しょーもなかった」と書いているが、どれくらいしょーもなかったか、新潟公演中に披露したいくらいだ。
しかし全部に披露できないから一枚だけその時の写真を貼っておきます。
P1014998.JPG
(『新幹線も弾く毛布と愛おしい明け方【新潟】「空からモグラの住処まで空虚」』 撮影:佐和ぐりこ)
ゲネプロ写真です。
写真右から、えんとつシアター支配人の逸見さん、劇団アンダンテ主宰の石川さん、普段出演しないコトリ会議の山本
なんとレアな、そしてジャージですが衣装です。
しかしコトリ会議至上、僕が一番笑ったんじゃないだろうか。
結構真面目にダメ出しもしたが。
こんな感じの新潟でのコトリ会議は本公演はこんな感じです。
0608kakkon-52.jpg
(『あ、カッコンの竹』【東京】 撮影:山口真由子)
なんか違うでしょ。
美術がネタばれ!と思うなかれ、この美術は色々会場によって変容していくのです。

なぜ、新潟公演がやりたいかというと、僕と山本しか行ってなかったので他の劇団員も連れていきたい、普段の山本作品を上演したいというのもあります。
(対ゲキ以外に劇団アンダンテ石川さんからの熱いオファーで、えんとつ王用に一本書き下ろしはしましたが)
ただ、そんな思いだけでは演劇は出来なくて、お客さんを呼ばないと行けないのですが、えんとつシアター逸見さんが低いシブい声で「ウェルカム!」と言ってくれた(ように思えた)、「月刊にいがた」とおいう雑誌が情報を載せてくれたり。

新潟公演を発表しているおかげなのか、いや、新潟公演があるにも関わらず、名古屋公演・大阪公演・東京公演に新潟からのお客様がかなり来ていただいたのが本当に嬉しい!(なぜか名古屋には新潟から来ているお客さんがバラバラで5〜6名いた)
そしてキャストオーディションに新潟から受けにきてくれていた人もいた。
こんな嬉しいことはない!
嬉しいから、お礼に行きます!
I♡Niigata
(日本海になんかこんなオブジェが経っていたと記憶する)

そして客演してもらっている劇団 短距離男道ミサイルの代表である本田さんの故郷で、劇団が賞を取ったし、裸にならない作品だし、故郷に錦を飾れるから!行かねばならない風がより吹いてきています!
行きます!新潟!
来てください!えんとつシアター

こんな公演情報!
7月8日(土)17:00
7月9日(日)11:00/16:00

<料金>
予約 2,000円
当日 2,500円

携帯からの予約はこちらをクリック!




前売はチケットぴあ


どうか観に来てください!!
posted by コトリ会議 at 21:35| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

急遽お伝えした、東京公演の制作アフタートークまとめ

ついに、劇場入りしております、1年2ヶ月ぶりにして初単独のこまばアゴラ劇場。
10日(土)11:00の回が予約完売して少しおろおろしている若旦那です。
嬉しいような、もっと入ってもらえるように努力しな、おろおろです。

そして何も告知してなかったのですが、やっぱり演劇のことについてお話を聞きたい。
そんな欲求からアフタートークを急遽入れました。
作品についてアフタートークではないので、お客様はどうそれを聞けば良いのかと思うかもしれませんが、公演をつくること、作品を観てもらうこと、どういう進路があるか、作品の周囲をただよう色々を感じ取ってもらえれば幸いです。
作品についても僕が話できることは話するのでよけば尋ねてください。

アフタートークラインナップ
6月8日(木)19:30
「作品を批評してもらうことって嬉しいし、怖い、どう振る舞いましょう<演劇批評誌『紙背』を刊行する山ア健太さんに尋ねてみる>」
ゲスト:山ア健太さま(演劇研究家・批評家)

6月9日(金)15:00
「関西から東京に移転してみてどうだった?どう踏み切った?<劇団子供鉅人に入団してすぐに東京移転になった山西竜矢にせまる>」
ゲスト:山西竜矢さま(劇団子供鉅人俳優・ピンクリバティ主宰)

6月9日(金)19:30
「地方劇団が東京で公演をするためにどうすればいいの?<こまばアゴラ劇場のラインナップについて聞いてみたい>」
ゲスト:木元太郎さま(青年団・こまばアゴラ劇場制作者)

6月10日(土)11:00
「一体何者?FUKAIPRODUCE羽衣制作なのに裏で出演。<フレキシブルな活動をする共演者・大石丈太郎と人前で話す>」
ゲスト:大石丈太郎さま(俳優・FUKAIPRODUCE羽衣制作部)

6月11(日)11:00
「大阪から東京にツアーに行く手だてを何にしている?<東京公演をする先輩・壱劇屋に聞いてみる>」
ゲスト:西分綾香さま(劇団壱劇屋俳優・制作)


以上5つのアフタートークを開催します。
それぞれで話そう、話を聞こうと思っている内容はタイトルがそのまんまなんですが、脱線などもあると思いますが、ゲストの方々と色々お話ししようと思います。

本編上演時間は90分
少しおいて20分ほどお話しします。

演劇にまつわる全てを楽しんでもらえれば幸いです!


公演の詳細とご予約はこりっちで!
http://stage.corich.jp/stage/80636

携帯からの予約はこちらをクリック!




posted by コトリ会議 at 12:11| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

東京が決まったからこのツアーがある。東京の『あ、カッコンの竹』

大阪公演、ありがとうございました。
スペドラへのお礼のはずがスペドラの恩恵を受けて、無事に大阪公演を終えれました。
ありがとうございました。
若旦那です。

そして、次は中一週間で東京公演です。
まじか、早い!
そして山本はまた演出を劇場に合わせて変えようとしている!
みんな間に合って〜!

そんな東京公演があるからこのツアーが決まりました。
こまばアゴラ劇場の他地域カンパニーの企画に通ったので、それを中心に前に2都市、後ろに2都市にしようとしました。
対ゲキ東京公演の効果で、息を吹き返したといっても過言ではないコトリ会議。
具体的にはこれまであまり書かなかったけど、演劇ジャーナリストの徳永京子さんに観てもらえたことが大きいです。
そちらにコンタクトリストから案内を出してくれたオレンヂスタの佐和ぐりこさんのおかげでもあります。
ありがとうございます。皆様。
色んな思いを持って、東京に単独で再び公演できるのはありがたいことだ!
そんな思いに胸を詰まらせていたり、それどころではなく大阪の集客に奔走したために、東京でのイベントは今のところ特に決まっていませんが、何か、面白いことができればと、ギリギリでも思っています。

コトリ会議単体のイベントではないですが、先日、花まる学習塾王子小劇場で公演を終えた匿名劇壇と、コトリ会議の後に萬劇場で東京公演を迎える壱劇屋の連携企画はあります。
匿名劇壇を観た方はまた全然毛色が違う、コトリ会議と壱劇屋を観て「大阪にも色々いるのね」っていうのを知ってもらえたら嬉しいなと思います。

あと、どんかぶりという意味ではFUKAIPRODUCE羽衣の制作部にいる大石丈太郎さんがこちらにも出演しているので羽衣さんと連携すべきという考え方もあったなぁと。
過去形じゃなくて現在も進行すれば良いのだけども。
いえ、現在も進行させます。

とりあえず今は言うことはないけど、何かをやるぞ!という意気込みの変則スケジュール!
6月
8日(木)19:30
9日(金)15:00/19:30
10日(土)11:00
11日(日)11:00/16:00
12日(月)15:00

<料金>
一般予約:2,600円
学生予約:2,000円
当日:3,000円
チケットぴあ:2,600円(Pコード:457-050)
予約は⇩

携帯からの予約はこちらをクリック!





ぴあはこちら⇩
PC用URL
携帯用URL
スマートフォン用URL
共通URL

東京は僕の中で、良いも悪いも全部SNSで言ってくれる(他地域は悪いはあんまり書かれない)都市。
引き締めてまいります。
へこんだりしながらも、とぶとぶ。
posted by コトリ会議 at 00:23| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

「カッコンの竹」大阪公演のイベント類!

どうもどうも、若旦那です。
大阪公演も色々イベントがありますよ。
コトリ自主的にも、スペドラ企画も!
順を追ってみよう。

5月26日(金)19:30公演
「ばぐのカフェ」(【開演前】18:45頃〜19:15頃・1階ロビー) 
スペドラ覇者で、コトリ会議とも合同公演をしたことのあるbaghdad cafe'さんがカフェを開いてます。
良いネーミング!
ちょっと早めに来れたら珈琲とか飲みながらバグの方々と演劇の話をしてくださいー!

5月27日(土)15:00公演
「僕はまだ話し足りないからDFG_Osakaの中の人さん、聞いて。」(【終演後ほどなく】・2階気づきの広場)
現在の情報発信の形を辞めるという発言をされたBGYさんに宣伝ってどうしていこうかしらと僕が話したいことを色々話して、聞きたいことを聞いて、より幅広い視野を持とうと思うためにその場にいる人と話そうというコーナーです。いろんな人の話が聞きたいのでサロン形式が良いなと思いますが、誰もいなくても話し続けます。
仏との問答のように。
今公演を観ていなくても参加可能ですし、無料です。

5月28日(日)15:00公演
「リレーアフタートーク」(【終演後】・2階本堂のホール内)
スペドラの集大成、スペドラに所縁のあるゲストをお招きしてお送りします。
作・演出の山本正典と、ピンク地底人3号のアフタートークです。
僕も進行係で参加します。
過去にピンク地底人の公演にアフタートークに呼ばれて何も話できなかった山本君のことを心配した3号君の配慮です。
同い年の作家演出家としてお互いをどう意識しているか聞き出せるかどうか、ひりひりしますね。

全てのステージで受付でホットドッグは販売してますよ!
400円ですが、なかなかボリュームあるので、お楽しみいただけるかと!

6公演中、6つかぁ。
名古屋で4ステージ全て僕がアフタートークをしていたのに比べたら、も、の、た、り、な、い!

ご予約はこちら!!
http://stage.corich.jp/stage/80432

携帯からの予約はこちらをクリック!




posted by コトリ会議 at 22:38| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

大阪での『あ、カッコンの竹』はお礼の塊。

コトリ会議による5都市にお礼してまわるツアー公演『あ、カッコンの竹』の大阪公演です。
若旦那です。
大阪公演は7年前にコトリ会議がちょっと注目されることになったきっかけ應典院舞台芸術祭space×dramaへお礼したい。
僕はその時の『びゅいーん、瓶』の頃はコトリ会議も知らずでしたね。
それに対して僕は何のお礼なのか!
そこで受賞してなければ、コトリ会議を僕が知ることもなかったのかもしれない。
そんな應典院にお礼を言うよ!コトリ会議は!
ということで、應典院舞台芸術大祭space×drama◯に参加しております。

そうそうスペドラでは高校生は無料っていうのがありまして、1回につき10名ですが、そんなに埋まってもいないのである。今がチャンスだ、高校生。
そうそうホットドックもあるしね。スペドラ。
皆さん楽しみにしてください。

ちなみに名古屋公演の感想まとめです(あと、東京にリーディングに行った分も)→https://togetter.com/li/1103089

<日時>
5月
26日(金)19:30
27日(土)11:00/15:00
28日(日)11:00/15:00(スペドラリレーアフタートーク)
29日(月)15:00

<料金>
ぴあ 2,000円(Pコード:456-841)
一般予約 2,300円
学生予約 2,000円
当日 2,800円
予約はこりっち

携帯からの予約はこちらをクリック!





それと28日の15:00の公演はスペドラのアフタートークでピンク地底人のピンク地底人3号氏を招いてお話しするんですが、過去にピンク地底人がスペドラに出場した際にアフタートークにコトリの山本君が出たのですが、ほぼ何もしゃべらなかった過去があるので、リベンジというか、リベンジですね。
そこはじっくり観てください。
posted by コトリ会議 at 02:31| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

東京公演も連携企画の発動!!壱劇屋と匿名劇壇と!

名古屋公演を終えて大阪公演へ、次の羽ばたき準備しているコトリ会議です。
名古屋公演ではオイスターズさんの深津演劇祭『うちやまつり』と連携企画をしました!
ありがとうございました!(オイスターズさんはまだまだ公演ありますよ!)

さて、6月の東京公演も連携します!
大阪のおともだちと。

詳細は以下ですー!

東京公演を含んだツアーを行う、大阪3劇団で連携企画をいたします。
3劇団はカラーは違えど、それぞれ應典院舞台芸術祭space×dramaで優秀劇団になった3劇団です。
昨年OMS戯曲賞大賞を男性最年少で受賞した福谷圭祐の率いる匿名劇壇。
にわかに注目されこれまで培って来た他地域との連携から5都市ツアーを敢行するコトリ会議。
CoRich舞台芸術アワード!2016で全国1位に選ばれ、2017年の劇団創設10周年に向けて精力的な活動を続ける劇団壱劇屋。
上記3劇団が5月末から6月末の一ヶ月間にそれぞれ東京での公演が控えています。

匿名劇壇『レモンキャンディ』
5/26〜29(花まる学習会王子小劇場)http://stage.corich.jp/stage/81041
コトリ会議『あ、カッコンの竹』
6/8〜12(こまばアゴラ劇場)http://stage.corich.jp/stage/80636
劇団壱劇屋『新しい生活の提案』
6/22〜27(萬劇場)http://stage.corich.jp/stage/80883

これら3公演の半券をお送りいただいたら、それぞれの未販売短編戯曲が収録された特性ブックレットをもれなくプレゼントいたします。

応募方法
それぞれの半券と、特典の送付先住所・氏名・メールアドレス・電話番号を書いた紙を封筒にいれ、
〒534-0016 大阪府大阪市都島区友渕町3-4-22-711 匿名コトリ壱劇企画 ワカバヤシ
までお送りください。
(いただいた個人情報は特典の郵送以外に使用しません)

この機会に、同じ大阪でもカラーの違う3劇団をお楽しみください!

匿名劇壇
HP https://tokumeigekidan.jimdo.com/
Twitter@tokumeigekidan

コトリ会議
HP http://kotorikaigi.com/
Twitter@kotorikaigi

劇団壱劇屋
HP http://ichigekiyaoffice.wixsite.com/ichigekiya
Twitter@ichigekiya


<企画お問い合わせ先>
kotorikaigi@gmail.com (コトリ会議:若旦那家康)
posted by コトリ会議 at 18:04| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

名古屋でオイスターズさんとどんかぶり演劇祭

あっという間に、今週末には名古屋公演です。
若旦那です。

名古屋公演でこんなにお知り合いが少ないかとなかなか厳しい!
あんなに大好きだと公言していたオイスターズさんと公演がかぶっているってのもショックだ。
こちらに出演している野村由貴さんはDIVEプロデュース「メイド・イン・ジャパン」でオイスターズの川上珠来さんと知り合ったのに、お互い真裏だと嘆いていたね。

嘆いている野村さん野村由貴.JPG
嘆いているであろう川上さんsFxudE-C_400x400.jpg


だからさ、観れないなりにも繋がりを意識する「どんかぶり演劇祭」じゃい!
オイスターズさんの深津演劇祭参加作品『うちやまつり』の半券を持っている、または予約している旨をナンジャーレの受付で申告してくれたお客様には
山本正典の最近の短編戯曲をプレゼントいたします!
(何種類か用意しておきますよ!)

逆にオイスターズさんの受付ではコトリ会議のチケット販売(!なんて優しいんだ!?)や、同じようにコトリ会議の予約または半券で何かプレゼントがあるみたいですよ!

ナンジャーレと七ツ寺共同スタジオってどんな距離なの?
こんなグーグルマップ
車で20分、電車でも30分くらい?
一度に観てください。

オイスターズも、深津さんの作品も、コトリ会議も観てみて。

コトリ会議『あ、カッコンの竹』
21(金)19:30
22(土)11:00/17:00
23(日)15:00
(上演時間:90分以内)
@ナンジャーレ
こりっち!

オイスターズ 深津演劇祭参加作品『うちやまつり』
20(木)19:30
21(金)19:30
22(土)14:00/19:30
23(日)11:00/15:00
24(月)14:00/19:30
25(火)14:00/19:30
@七ツ寺共同スタジオ
こりっち!

待ってて!名古屋!迎え入れて!

(ちょっとした個人的な思い入れとしては大阪で2度目のどんかぶり演劇祭の時にオイスターズ『日本語私辞典』で参加してもらいました。当時は僕は突劇金魚『富豪タイフーン』でかぶっていて、後日七ツ寺共同スタジオにそれだけを観に行ったなぁ)
posted by コトリ会議 at 13:37| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

名古屋での「あ、カッコンの竹」

若旦那です。
お礼して回る5都市ツアーのことを考えております。
まずは名古屋公演についての情報です。
情報というか、思いか。
名古屋の演劇に触れたたのは突劇金魚「富豪タイフーン」の制作をやったからで、その前の年の突劇金魚が出ていたミソゲキは知らなかった。
けど、その年にコトリ会議がミソゲキに呼ばれた。
面白いよね、ミソゲキってなって毎年観に行って、そこで対ゲキのことも知ったんで名古屋、特にナンジャーレはコトリ会議の、だけではなく僕自身のターニングポイントだと思います。

やっぱりお礼をするならまずは名古屋からだね。

そして僕は出演するけど、制作ということもするので制作の人と喋るアフタートークをしたいと思っています。
ミソゲキをオーガナイズして名古屋演劇アーカイブを運営する長谷川公次郎さん。
劇団うりんこの制作にしてうりんこが児童劇団の域を越えるところにひょろっと持って行き学生演劇祭もファシリテイトしている、元祖会いに行ける制作者、平松隆之さん。
制作者というよりも朗読家なのですが、名古屋のDFGである名古屋観劇探検ガイドを運営しているニシムラタツヤさん。
名古屋において珍しいコンテンポラリーダンスを制作し、名古屋外の公演もプロデュースする菅井一輝さん。

これらの方々を各回お呼びして気になる事を聞きます。
(気付くとおじさんばかりなので、出演者している女性に助っ人を頼むかも)

公演情報と予約はこちら!
「あ、カッコンの竹」(名古屋公演)
【日時】
4/21(金)19:30@
4/22(土)11:00A/17:00B
4/23(日)15:00C
【会場】
ナンジャーレ
【アフタートーク】
@長谷川公次郎(名古屋演劇アーカイブ)
A平松隆之(劇団うりんこ/うりんこ劇場)
Bニシムラタツヤ(AfroWagen/朗読・演劇制作)
C菅井一輝(officecassini)
【料金】
予約(こりっち):2,200円
前売(ぴあ):2,200円(Pコード:456-753)
当日 2,700円
【注意】
靴を脱いで階段を上がっていただきます。

携帯からの予約はこちらをクリック!





SF要素の入った童話的な死生観が垣間みれるへんてこ会話劇をぜひ名古屋で観てください。
ここから次のコトリ会議が始まるのかもね。
posted by コトリ会議 at 16:25| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

小ラボ4回め、ありがとうございました!

こんばんは。要小飴です。

もう火曜日も終わろうと…….終わってしまいましたね。
大変遅くなりましたが、コトリ会議小ラボ4回め無事に終演いたしました。ご来場くださった皆様、応援してくださった皆様、本当に本当にありがとうございました。

素敵な場所。高槻市の福寿舎さん。
BFB8ED95-C58E-4B34-B3A6-D806400782F8.jpg
5754FA93-6535-457D-9000-C9AD2AC9C992.jpg

32059328-0274-413B-B3A3-A2FD1F4B4663.jpg
『カコミちゃんは、いつまでたっても』
舞台写真は撮れなかったので、これは休憩中に急遽再現してもらったラストシーンです。

588A2DB5-8F62-40D1-8291-58F28C3FCFC0.jpg
『包帯の白』
これは、確かゲネで撮った写真です。

客演していただいたお二人には、それぞれの作品でご尽力いただきました。鎌田恵弥さんと竹内桃子さん。
年齢の近い座組み……かと思いきや、意外とジェネレーションギャップがあったりして、打ち上げでは知ってる歌手の話題で盛り上がったりしました。)

そして、小ラボ三ヶ月ずっと演出としてお付き合いいただいた、カラ/フルのオダタクミさん。

このお三方とのご縁によって実現した公演と言って過言ではありません。

本当にお世話になりました。

4回めまで、後半ちょっと詰め込み気味に続けてきた「小ラボ」ですが、コトリの代表交代の直後に動き出した取り組みでした。そして、私が代表に就任してから、早いものでもうすぐ一年になろうとしています。
これから、しばらくは五都市ツアーに集中する日々が続くことでしょう。小ラボは一旦ここで一区切りです。
またやってほしい、なんて言ってくださる方もいらっしゃるようで、コトリ会議を色んなところで支え見守ってくださる方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
そもそも小ラボは、劇団員の修練の場として始めたものでしたが、その実、私がやりたいことをやらせていただく、かなりありがたい機会になりました。過去作品の再演、公演のプロデュースをすること、作品の演出をつとめること、役者として公演に出続けること。加えて、小道具の製作も一部担当できたり、本当に沢山のことをやらせていただきました。
すべてのことから、自分がコトリ会議について何を考えているか、何をしたいのかを問いかけられるような一年でした。
この経験を、今後の本公演やコトリらしい色んな取り組みに生かしていきたいと思います。

小ラボは「小さなラボラトリー」と「コラボ」をかけたネーミング。4回の実験とそれを上回るさまざまな気付き、出会いをへて、コトリの劇団員がまた作演の山本と作品をつくるとどんなことになるのか、お楽しみに、です。お楽しみに、と言いながら、背筋が伸びるのを感じておりますよ。

なにはともあれ、小ラボ4回めはこれでおしまいです。楽しんでいただけていれば、幸いです。
皆様、本当にありがとうございました!

992DDBE7-64C1-42F6-BED6-C803AA5C8DE0.jpg

posted by コトリ会議 at 00:30| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

あ、カッコンの竹(名古屋公演)

2015年から2016年に話題に上がった地方を拠点とする3劇団が協働制作で5都市をツアーする『対ゲキ』という企画がありました。
それに参加していた大阪を拠点としてたコトリ会議は各地に演劇仲間ができました。

仲間に、お客さんに会いにいって元気にお礼が言いたい!

そんな気持ちで2都市ですらツアーをしたことのなかったコトリ会議が
単独で5都市を渡り鳥の様にお礼してまわろうと思います。

まずは最初は名古屋公演!
関西を出た最初のきっかけはナンジャーレ、ミソゲキでした!
ここから始まります!

<日程>
4/21(金)19:30@
4/22(土)11:00A/17:00B
4/23(日)15:00C

毎回あるよ!若旦那家康が話す制作者アフタートーク
@長谷川公次郎(名古屋演劇アーカイブ)
A平松隆之(劇団うりんこ/うりんこ劇場)
Bニシムラタツヤ(AfroWagen/朗読・演劇制作)
C菅井一輝(officecassini)

【発売日】2017/02/09
ぴあ 2,200円(Pコード:456-753)
当日 2,700円

予約 2,200円
こりっちで!

携帯からの予約はこちらをクリック!





[PR] SIM比較
FX初心者
訪問看護ステーション
給与計算代行
posted by コトリ会議 at 03:15| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

しまった【小飴徒然】

しまったしまった。何か忘れている……という気はしていたのですが、これですわ。ブログ。

いつの間にか2月になっておりますよ。皆さんいかがお過ごしでしょうか。コトリ会議の要小飴です。
皆さんはやはり節分は恵方巻を食べますか?私は九州の出身なのですが、小さい頃の自分の年間行事の中には、この恵方巻を食べるというイベントはなかったように記憶しています。コンビニの戦略で今は全国的に広がっている、なんて話をよく聞きますね。私も恵方巻がそんなにメジャーなものだと知ったのは、岡山時代にコンビニでアルバイトをしていた時だったと思います。

生まれ育った場所の文化や習慣というのは、もはや体に染みついているもので、改めて確認すると新鮮な気持ちになるとともに、替えがきかないものです。
昨日は小ラボ4回めの『カコミちゃんは、いつまでたっても』の稽古だったのですが、そこで、私は「てれんぱれん」という言葉を発しました。
「てれんぱれん」というのは、どうやら、九州の方言のようなのですが、そのときの若旦那さんと鎌田さんのキョトンとした顔が忘れられませんね。四国出身の渡邊も聞いたことがないとのこと。
「なに、それは方言なの?」と尋ねられて、「多分……」と答えてから(ほら、もう方言かどうかさえ、よくわかっていないのですから…….)、でも、どういう意味なのか、説明することが難しいのです。
方言としてよく耳にする「〜ばい」や「〜っちゃん」などの語尾は変換することが出来ますが、こういう状況や感情を表す言葉は、違う言葉に直すとニュアンスが変わってしまいます。
ネットで調べると「てれんぱれん」は「ぶらぶら何もせず」とか「だらだら」みたいな意味として出てくるのですが、何か違う……。検索した中で、自分が使っている感覚と一番近いものは「ちゃらんぽらん」だったのですが、言葉を発する側の気持ちの温度に差があるような、不一致感が拭えません。
そう思えば、「〜ばい」と「〜だよ」もやっぱり同じとは言えない気がする……。
こうなってくると、もう地域差というよりは個人差になってくるでしょうね。

もう、ちょっと脈絡がない文章になってきていますけれど。大阪にきて、四年。染まりやすい人間ではありますけど、染まらない部分というか、染めようとしても染められない部分が、あるのだなぁと思ったわけです。


あ、あれ?この前、会場の見学に行ったので、そのときのことを書こうと思っていたのに、全然違うこと書いてますわ。
素敵な会場なので、またの機会にじっくりご紹介しますね。

最後に、カコミちゃんと、ナニモノくんのお二人の写真を載せて、今日はおしまいにします。
ほんとに徒然。それでは、また!

643FA894-9F9E-41EA-90B7-C71822CC5501.jpgB75B0C49-9F93-4810-B078-DD46F5B4DCBB.jpg

posted by コトリ会議 at 06:47| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

お礼してまわるツアー「あ、カッコンの竹」名古屋公演の情報とか。

どうも小ラボ4回めの稽古を進めつつも、4月から始まるツアーのことです。
まずは名古屋公演のことからね。

「あ、カッコンの竹」の名古屋は
会場!ミソゲキでおなじみのナンジャーレ
住所は愛知県名古屋市中村区亀島2丁目26−5 キジビル4F
最寄りは名古屋駅
■日時
4/21(金)19:30@
4/22(土)11:00A/17:00B
4/23(日)15:00C

■料金(チケット発売・予約は2月9日(木)10:00
予約/ぴあ 2,200円(Pコード:456-753)
当日 2,700円
ぴあ:http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1702677
こりっち:http://stage.corich.jp/stage/80433

■全日程アフタートークあり
若旦那家康が話す制作者アフタートーク。
名古屋の演劇があって、近いが故に若旦那が日本中あちこち行くようになったきっかけでもあるのでお話を色々したいです。
他地域劇団を受け入れること、呼び込むこと、自分が他地域に出ること、自分の地域の劇団を売りこむこと。
色々考えてみるのが、作品について作家・演出家がやるアフタートークと違う面白さを探ってみます。

お願いする相手は
@長谷川公次郎(名古屋演劇アーカイブ)
A平松隆之(劇団うりんこ/うりんこ劇場)
Bニシムラタツヤ(AfroWagen/朗読・演劇制作)
C菅井一輝(officecassini)
以上、4名敬称略ですが、よろしくお願いいたします。
posted by コトリ会議 at 21:19| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

【公演情報】小ラボ4回め『カコミちゃんは、いつまでたっても』『包帯の白』

三ヶ月連続小ラボの最後は、小ラボ4回め『カコミちゃんは、いつまでたっても』『包帯の白』です。
『カコミちゃんは、いつまでたっても』は梅田公演で上演した牛嶋作の作品、『包帯の白』は今回山本が書き下ろした新作です。
今回の小ラボの新しい試みは、一本を劇団員が演出すること、コトリ会議に初めて出演していただく客演さん、などなど。
会場もおもしろい場所ですよ。皆さまどうぞお楽しみに。

小ラボ4回め
『カコミちゃんはいつまでたっても』
作・牛嶋千佳  演出・要小飴
出演・要小飴 鎌田恵弥 若旦那家康 

『包帯の白』
作・山本正典  演出・オダタクミ(カラ/フル)
出演・牛嶋千佳 要小飴 竹内桃子

日時:2017年
2月18日(土) 16時30〜/19時〜
      19日(日) 11時30分〜/14時〜/16時30分〜
(開場は開演の20分前)
場所:福寿舎 蔵(大阪府高槻市城北町1-9-6) 
料金:1000円(前売り・当日とも)

ご予約は、kotorikaigi@gmail.comまで「ご予約名、日時、枚数、緊急連絡先(電話番号)」をご連絡ください。こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
送信後24時間経過しても返事がない時はお問い合わせください。
受信制限がある方はkotorikaigi@gmail.comの制限をはずしておいてください。


posted by コトリ会議 at 08:01| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

【速報】小ラボ4回め 情報公開第一弾

小ラボ3回め真っ只中ですが、パンフレットにはもう次の予定を記載しております。


情報公開、第一弾です!



小ラボ4回め
『カコミちゃんは、いつまでたっても』
作・牛嶋千佳  演出・要小飴
出演・要小飴 鎌田恵弥 若旦那家康 

『包帯の白』
作・山本正典  演出・オダタクミ(カラ/フル)
出演・牛嶋千佳 要小飴 竹内桃子

日にち:2017年2月18日(土)19日(日)
場所:福寿舎 蔵(大阪府高槻市城北町1-9-6) 


福寿舎ってこんなところ……http://fukujuya-takatsuki.com/


今回も素敵な客演さんをお迎えして、そして、再び、いや三度の演出オダタクミさんとのタッグで、挑戦的にまいります!

時間など、詳細しばしお待ちください!


posted by コトリ会議 at 09:58| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

【公演情報】オーディションとして小ラボ2回め「あなたの隣。の隣に私」

8月に小ラボという企画をやって以来、来年に向けて出演者オーディションをするよってことしかなかったですが、コトリ会議の小ラボ(ちっちゃな実験室&コラボレーション)公演でその作品を発表します。
山本の新作をオーディション用に山本演出と、コトリ会議のメンバーには山本が演出しても面白くないのでコトリ会議に何度も客演してもらっているオダダクミさん(カラ/フル)をお迎えして、小ラボします。
クリスマスだけど、観に来てください。


小ラボ2回め「あなたの隣。の隣に私」
日時:2016年12月25日(日)15:00 / 18:00 (全2回)
(上演時間:1時間くらいを予定)

会場:油野美術館(〒553-0004 大阪府大阪市福島区玉川4丁目5−27)

料金:1,000円(予約制)(定員20席)+ワンドリンク(500円)(ごめんなさい、ドリンク書き忘れ!!

作:山本正典
演出:オダタクミ(牛嶋と要の部分)山本正典(オーディションの人と若旦那の部分)
出演:牛嶋千佳、要小飴、若旦那家康(以上、コトリ会議)
 A.R. 、I.Y. 、K.A. 、F.I. 、O.E. 、M.R. 、W.J. 、K.F. 、O.J. 、M.K. 、U.S. 、S.N. 、F.K. 、N.Y.
(オーディションの人達は全員イニシャルにしました。言いたい人と言いたくない人がいると思いますので)
(初めましてのかたももちろん、君もオーディションなのかなかたもいます。東京や、新潟からの参加もあり)
(人数が多いので、全員出ますが、役はダブルキャストになってます。それで15時と18時があります)

予約:12月4日 AM10:00から
kotorikaigi@gmail.comまでタイトルを「クリスマスの公演」として
@お名前(よみかた)
Aご覧になる時間は15時か20時か
Bご来場人数
Cお電話番号(緊急なことの連絡先として、個人情報は守ります)
をお送りください。
先着順で予約番号をお伝えして行きます。
送信後24時間経過しても返事がない時はお問い合わせください。
そして受信制限があるかたはkotorikaigi@gmail.comの制限をはずしておいてください。

ご来場、お待ちしております。HPtop_小ラボ2.jpeg
posted by コトリ会議 at 12:40| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

コトリ会議2017年「お礼をして回るツアー」キャストオーディションのお知らせ

コトリ会議では2017年に4月から8月まで1ヶ月ずつ5都市で公演をします。対ゲキで回った地域へ単独飛行でお礼をして回ろう公演です。
その出演者募集、オーディションです。
なかなか時間を拘束される企画ですが、得るものは多いです!失うものも少しはあるでしょうけど!
半年近くを一緒に旅公演をしてくれる俳優さんを募集です。
(スタッフでも行きたいよって方もご連絡ください)

■公演の今決まっている内容
『あ、カッコンの竹(仮)』(作・演出:山本正典)
4月20日〜24日@名古屋・ナンジャーレ
5月26日〜29日@大阪・シアトリカル應典院
6月8日〜12日@東京・こまばアゴラ劇場
7月8日〜9日@新潟・えんとつシアター(日程決まりました・追記10/12)
8月末@仙台・10 Box
(日程は予定です、移動日などもあり多少の増減はあります)
(8月の仙台は2月にならないと予約出来ないので未定です)

■公演に参加が決定した場合の条件
公演数によりますが出演料が出ます。(そんなに期待出来るほどではもちろんないですよ。心ばかりを。色々がんばっていきますね)
ツアーの移動費・宿泊費も劇団員と同じレベルで劇団から出ます(劇団員のレベルは低いですよ、劇場泊とかも可能性あるよ)。稽古期間中の交通費などは出ません。
ノルマに類するものはありませんけど、宣伝はして欲しいです。
稽古場は主に大阪市都島区か旭区になります。稽古開始は3月頭から平日夜と土日に長めの予定を調整しながら決めます。

■オーディション参加費の条件
参加は無料ですが、ちょっとした作品を一緒に作ってもらいます。
お客さんを迎えてその作品で公演します。
オーディション資格は性別や国籍は問いません。3月からはじまる稽古に前向きに参加出来ることです。

■オーディション期間
12/17(土)11:00〜18:00
18(日)11:00〜18:00
21(水)19:30〜21:00
23(金)11:00〜18:00
作品発表:12/25(日)昼間

■応募要項
氏名(芸名の場合は本名も)、生年月日(未成年の方は親族の同意書)、性別、簡単な自己紹介文、電話番号を明記し、顔写真を添付しkotorikaigi@gmail.comまで件名を『来年のオーディション』としてお送りください。

■締め切り
11/27(日)
応募者多数の時は書類審査になります。12/5(月)までには結果を連絡します。


お問い合わせ・ご質問がある場合はコトリ会議メールkotorikaigi@gmail.comまでお伺いします。

ご参加、お待ちしておりますー。
posted by コトリ会議 at 00:00| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

これからのコトリ会議《オーディション公演と小ラボについて》

皆さま、こんばんは。要小飴です。
さて、ツアー公演のオーディションについての情報がぽつりぽつりと出ておりまして、情報拡散にご協力いただきありがとうございます。ご興味がありましたら、ぜひぜひご連絡くださいね。よろしくお願いします!

さあ、さてここで、このオーディションに伴う小作品の発表で、上演される山本新作のタイトルをお知らせします!
(実は今日まで若旦那が出演させていただいた、かのうとおっさんさんのパンフレットにすでに載せてもらっていました。皆さま見ていただきましたか?)

☆★☆★☆

コトリ会議 小ラボ2回め オーディション企画
『あなたの隣。の隣に私』
作・山本正典

☆★☆★☆

先日の山本のブログでもありましたが、劇団員もこの公演に参加します。
私たちにとっては、オーディション参加者の皆さんとのコラボレーション、ということで、小ラボ2回めと銘打っています。そして、私たちの演出をしていただくのは、カラ/フルのオダタクミさん。「今年の客演ラッシュも終わり……」とつぶやかれていたところを、ガシッと、ガシッと腕を掴んで申し上げたのですね、どうか私たちとお芝居を作ってください、と。
この小ラボ2回めについては、まだオーディションの募集が締め切られていませんので(だから、皆さんご検討くださいね!)、日にち以外の詳しい情報はまだ発表されていませんが、12月25日(日)はぜひコトリ会議にもお時間をいただければと思います!

それから、もう一つ。
実は、私が出演させていただいたピンク地底人さんのパンフレットには、「コトリ会議 小ラボは12月から三ヶ月連続」と載せてもらいました!

12月にオーディション公演で、1月は……?ということで、ここで、1月の小ラボ3回めについて、一足先に情報公開いたします!

☆★☆★☆

コトリ会議 小ラボ3回め

『節電』作:山本正典
『天井のもくめが怖くて泣いた』作:牛嶋千佳

◯演出:オダタクミ(カラ/フル)

◯出演:牛嶋千佳
                要小飴
                辻崎智哉(Quiet.Quiet)
                水木たね

◯日時:2017年
                1月20日(金)19:30〜  
                1月21日(土)14:30〜/17:00〜/19:30〜
(開場は開演の20分前)

◯会場:谷町空庭(大阪市中央区常盤町1-1-8)

◯料金:1000円(前売・当日とも)

◯予約定員:15名
  ※当日券もございますが、座席数が限られますので、事前のご予約をお願いいたします。
  ご予約は、kotorikaigi@gmail.comまで「ご予約名、日時、枚数」をご連絡ください。こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。

☆★☆★☆

今回は、梅田公演で深夜2時回にだけ上演した、山本作『節電』をリライトしたものと、劇団員の牛嶋千佳の新作『天井のもくめが怖くて泣いた』の二本立てです!
そして、演出は引き続き、オダタクミさん(カラ/フル)です。オダさんにはしばらくコトリ会議にお付き合いいただきます。よろしくお願いします!
辻崎さんと水木さんという素敵なお二人にも出演していただけることが決まりました!
なんとも、わくわくする組み合わせです。

来年のことを言うと鬼が笑うそうですが、ムフフと笑ってもらいましょう。コトリ会議頑張りますよ。
今後こちらの情報も、少しずつお知らせしていきますので、よろしくお願いいたします!


それでは、今日はこの辺で。

posted by コトリ会議 at 19:01| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

オーディション公演について

コトリ会議の山本です。

ちょびちょび内容が発表されています、コトリ会議の次回の活動。

今日は、次回の活動について、今決まっている事をお伝えします。

コトリ会議が、来年のツアー公演のオーディションを行う事は、すでにブログに掲載しました。

そのオーディション、何日か稽古して、実際に作品を発表する形です。

その作品について。

発表日は、12月25日です。
開演時間は未定、回数も未定です。
場所も未定です。
世間ではその日がどういう日かは知りませんが、お芝居に今の全てをかける僕達にはちょうど良い日取りとなりました。日曜日ですし。

作品の題名も未定ですが、作品の形は決めています。

オーディション組と、コトリ劇団員組と、場面を分けて、1つのお話を作ります。

例えば、場面1をオーディション組の出演にして、場面2は劇団員組の出演、そして場面3は再びオーディション組の出演という形です。

この形が決まるまでに、劇団内では血みどろの話し合いがありました。

ある日、オーディションについて話し合っていると、山本は不思議な事に気付きました。

劇団員牛嶋の発言です。
「オーディションとか受ける人大変だよね、山本って性格超悪いし」せんべいポリポリ

続いて劇団員小飴
「まあ、誰が最後まで残れるか見ものですね。この上ない娯楽だわ」チョコむちゃむちゃ

劇団員渡邊
マシュマロちゃぷちゃぷ

劇団員若旦那
「あ、すいません、辛いもんきらしてまして、すいません買っちきます」


こ、こいつら、完全に他人事だと決め込んでやがる…!

山本は覚悟とお菓子を決めました。
「お前らも受けんだよオーディション!」バナナざっくううう

劇団員からは非難の嵐です。
なぜ劇団員である私達がオーディションを受けるのか!
そんなことをしたら落ちること必至ではないか!
山本がオーディションを受けてこい!

結局、劇団員がオーディションを受けるという事には、なりませんでした。

そのかわり、同じ作品に出演する事で、劇団員にも競ってもらいます。

観に来てくださったお客様はどう受け取ってくださるでしょうか。
今から楽しみです。

と、そのまたそんなある日、劇団会議に出席すると、そこに、カラ/フルの織田さんが座っていらっしゃるじゃありませんか。

劇団員牛嶋
「私達、この人に演出してもらうから」


!!?

なんと、劇団員同士共謀し、織田さんに演出をお願いしていたのです。

このままだとオーディション組にとって食われるからって、織田さんにお願いするだなんて!

織田さん
「あ、やまもっち久しぶりー」

久しぶりじゃねえええ


どこまで他人頼みな劇団員なのでしょうか。

そんなこんなでオーディション公演は面白い形になりました。

脚本は、山本正典
演出は、オーディション組を、山本が。
劇団員組を、カラ/フルのオダタクミさんが担当します。
総合演出が、山本です。

どんな作品に仕上がるのか、未知未知として全くもう愉快がこみ上げてきますね。

また、詳細が決まり次第、発表します。

ぜひ、観にいらしてくださいー

山本
posted by コトリ会議 at 16:48| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

これからのコトリ会議〈東京公演&8月小ラボについて〉

こんばんは。
コトリ会議の要小飴です。

本日7月3日(日)、対ゲキ東京公演でお世話になったこまばアゴラ劇場の2017年度の前半期ラインナップが発表になり、そのなかに、なんと、コトリ会議新作公演が並ぶことになりました!


コトリ会議は2017年6月の第2週目に公演を行う予定です。
再び、東京のお客様にコトリ会議の作品をお届けできる機会をいただきましたこと、劇団員一同とても嬉しく思っております。
公演詳細は、またブログ、Twitterなどでお知らせいたしますので、しばしお待ちください。



そして、今日はもう一つ。
8月14日(日)の小ラボの詳細も発表します!


☆★☆★☆

コトリ会議新企画
小ラボ1回め「小鳥。名前はコネリ。」
作:山本正典
演出:原竹志(兵庫県立ピッコロ劇団)

5都市のツアーを終えて代表の交代、劇団員の退団を経て新体制になったコトリ会議が俳優としての熟練を目指し、コトリ会議の作品を劇団外から演出家を招いて最小規模の公演を実験的におこなう企画として小ラボ(小さなラボラトリー、コラボレーションの意を込めて)をおこないます。
1回目の作品は大大阪舞台博覧会vol.2で上演された『小鳥。名前はコネリ。』を芸術創造館内でもっとも小さな部屋で、演出には『あたたたかな北上』でコトリ会議の作品を体現していただいた兵庫県立ピッコロ劇団に所属する俳優・原竹志氏を招いてお送りします。
ふらっと15分ほどの作品を観に来るには難儀かもしれませんが、周辺の甘味どころなどを記した地図をご来場の際はお配りいたします。
もしお時間ございましたら、足をお運びください。

日時:2016年8月14日(日)5回(12:00 / 14:00 / 16:00 / 18:00 / 20:00)
 上演時間15分程度
 終演後20分程度、企画や作品に関してお客様と振り返りをおこないます

会場:大阪市立芸術創造館2階<制作者ボックス>

定員:1回5名
入場料:500円

出演:牛嶋千佳 / 要小飴
制作:若旦那家康

問い合わせ:090-9273-4609 / kotorikaigi@gmail.com

☆★☆★☆

ということで、対ゲキ大阪、東京でお世話になった原竹志さんに演出をお願いして、「小鳥。名前はコネリ。」を上演いたします。
もう一度この作品と向き合うとともに、外部からお招きした演出さんと向き合う、コトリ会議にとって新しい取り組みです。この小ラボがどんなものを生み出すのか、どうぞご期待ください。

それでは、今日はこのへんで。

要小飴

posted by コトリ会議 at 20:36| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

室屋和美退団のごあいさつ

室屋和美です。
このたびコトリ会議を退団することになりました。
長い間みなさまには暖かい励ましの言葉をいただいたり、
劇場に足を運んでいただいたり、たいへんお力添えをいただきました。
ありがとうございました。

正式な入団は2012年の1月でしたから、かれこれ4年以上の在籍でした。
今後は個人で劇作活動をメインにお芝居を続けていく予定です。
また皆様と会える日を楽しみにしております。
会いましょう。会いに行きます。よろしくお願いしますね。

コトリ会議を辞めるのは、コトリの舞台がとても面白いからです。
私はいつも舞台の上で、こちらを観察しつづけるお客さんと、
汗だくの役者たちを交互に見ていました。
「オモロイなぁ」「緊張感たまらん」「いいセリフだ」など思いつつ。

いやいや。集中しとらんやないか。ということですよ。
でもどうしても毎回そうなってしまうのです。
半分役者、半分お客さん。コトリ会議の舞台ではいつもそうなんです。
楽しくてね。結構困ってました。悩みどこでした。

コトリでの最後は、対ゲキで五都市ツアーまでさせていただいて。
うっとり。夢のようなひととき。沢山の方に出会えてとても幸せ。
いかん。いかんよ。贅沢。ますます楽しくて困ってしまう。
しかし私は堪能してしまったのです。楽しみの海に溺れ狂う室屋。
反省の種は尽きることがありません・・私は欲望と快楽丸出しで
対ゲキを終えてしまったのでありました。

ということもあり。
これからはまじめに怖い顔して台本書きたいなと。禁欲生活です。
どうか私のみならず、沢山のお客さまに「たのしい」をお届けできますように。

退団については少し前から決まってました。
代表交代のタイミングでのご報告は意味ありげですけど、関係ないのです。
劇団イチのコメディエンヌとしては別れの報せは最後で、と考えてました。
皆さまには不義理をして申し訳ありませんでしたが、どうかお察しください。

山本正典にのれん分けをしてもらったつもりでいます。
山本作品に嫉妬しています。
劇団員にはたくさん優しくしてもらいました。みんないい人ばかりでした。

あまり身内を褒めてもアレなので、このへんで。
焼き肉は私の夫がこづかいをくれた時に。たぶん。時々。
いや、余裕ができたら。まれにご馳走したいと思います。

最近神戸から大阪に引越しました。
街で見かけましたら気軽にお声かけください。
長いご挨拶にお付き合いいただきありがとうございました。
今後ともコトリ会議とわたくしをよろしくお願いいたします。

室屋和美

2016-04-22 0 39 54.jpeg


posted by コトリ会議 at 00:50| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

コトリ会議代表交代のお知らせ


山本です。

コトリ会議からお知らせです。

2016年4月19日をもって、山本が劇団コトリ会議の代表を降ります。
新しく、劇団員の要小飴(カナメコアメ)が代表になります。

コトリ会議作品では、「いい匂いの人がブラブラしてる」「はなの台ふき」「くるいって何処からくるの」「チラ美のスカート」「新幹線も弾く毛布と愛おしい明け方」に出演しています。
また、演出助手、小道具制作として、コトリ会議の作品を支えています。


きっかけは、対ゲキツアーの新潟公演から山本が戻ってきた時に、稽古場で発した一言でした。

「芋煮がさ、おいしかったんだよ…」

作品制作でちょっぴり疲れた山本。新潟公演の稽古中(新潟公演の稽古は、山形県で三日間行われました。短いっ!)、お泊まり先でふるまわれた芋煮が、涙が出る程おいかった、窓から見える日本庭園、その先に広がる田園風景とあいまって、久しぶりに日本人としての安らぎを思い出したというのです。

その話をする山本の黒目を見た劇団員は揃って、「こいつはすぐにでも故郷に逃げ帰って、お布団から出てこない気でいやがるぞ」と直感したのです。

すぐに稽古場のドアに鍵がかけられます、外から。窓は、そのサイズにぴったりのベニヤ板によって塞がれ、日光が遮断されます。
時すでに遅し。山本が気づく頃には、劇団員による包囲は完了していたのです。

何処から用意したものなのか、卓上明かりが、グイッと山本の顔に向けられます。
眩しさに目を細める山本が、逆光の向こうに見たものは、恨みと欲望で歪みきった劇団員の笑顔でした。

「ここでやめさせるわけにはいかない」
「一人で逃げるのか」
「早く大物プロデューサーを紹介しろ」
「馬鹿な人。私はうまく抜けてみせるわ(室屋)」

恐ろしいことです。
演劇というのは片足を突っ込んだが最後、よほど賢くない限り、身も心もズタズタになるまで抜け出す事が出来ないのです。

暗闇の中、浮かび上がるのは山本の泣きべそ。
泣き言よりもダメ出しを求めてくる、ギリギリに尖った劇団員の声。

幾日が過ぎたでしょうか。
山本の足枷を解いたのは、用意周到に窓枠ぴったりのベニヤ板を持ってきていた要小飴でした。
全ては彼女の手の内だったのです。
「芋煮…芋煮…」うわ言を繰り返すだけの山本に見切りをつけた彼女は、お得意の甘ったるい声で提案を始めます。

「私を代表にしてはどうか」

勝った…
表情一つ崩さずに、要小飴は心で呟きます。
劇団員も心で呟きます。
「あ、そういえば代表は山本だった…」
皆がそう思う程に、既にコトリ会議の内側は、彼女が仕切っていたのです。
そしてさらに恐ろしい事には、スルメみたいにカサカサになった山本をさらにさらにしぼりあげて、作・演出としてこき使う腹積もりなのです。
山本に拒否する事は許されませんでした…。


僕の主観も通してますから、少しは誇張もあるかもしれませんが、大まかにこんな感じです。


今までコトリ会議を応援してくださった皆様、本当にありがとうございます。

要小飴は本当に俊敏になんでもこなします。少なくとも山本よりはこなします。
これからのコトリ会議にご期待ください。

また、これからコトリ会議を応援してやろうかと思案してくださっている皆様、そのまま、ぜひにお願いいたします。

まだ次の予定も発表出来ない状況ではありますが、今まで以上に面白い作品を作るため、あれやこれやと話し合っています。

これからのコトリ会議もひょいひょいと、覗いてくだされば幸いです。


コトリ会議
山本

posted by コトリ会議 at 22:45| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

室屋和美退団のお知らせ

山本です。

春は出会いと別れの季節です。

まあ、

考えてみると夏も秋も冬も出会いと別れの季節です。
年がら年中いつでもどこでも、出会い別れはつきものです。


コトリ会議にも一つの季節がめぐってきました。

劇団員の室屋和美が、4月18日づけでコトリ会議を退団します。

生活環境がかわった事も理由の一つではありますが、何より喜ばしい理由は、彼女がまた一つ、演劇への関わり方を発見して、それに挑戦したいというものです。

室屋さんはお芝居を作る事をやめるつもりではありません。
主に劇作家として、演出家として、彼女の色濃いお芝居を作ってゆくのです。

これからの室屋さんの活躍にご期待ください。

おめでとう室屋和美!!


…残された劇団員はさびしくなります。
しかしご心配には及びません。
コトリ会議にはこういう時の為の救済措置があるんです。

それは、退団した人は、劇団員に毎月一回焼き肉をおごるというもの!

おめでとう僕たち!

このブログを読んでくださってる皆様チャンスです。
今、コトリ会議の劇団員になれば、毎月一回焼き肉が食えます、はずです!

そして、この救済措置が発動したことは未だかつてございません!

この前東京で会ったコトリ会議前代表はぬけぬけと、「そんなの守るわけないじゃんバカじゃないの」と片付けました。


僕たちは室屋和美を信じている。

彼女のこれからの活躍を。

そして焼き肉を…!


室屋さん、お疲れ様でしたー!!
76E0375F-E5AE-48DF-A045-DD648010CB0F.jpgF88CA4B9-2143-4ECA-A2E3-05167B926463.jpg


(山本が覚えているかぎりの、室屋和美コトリ会議での略歴)

・西暦2010年か2011年
コトリ会議劇団員が二人になる。
劇団のっとりのチャンスと考えた室屋和美、コトリ会議入団。本人曰く、入団理由はコトリ会議を終わらせたくなかったから、だと。

・2012年8月
コトリ会議演劇公演10回め「もうひとつは君のぶん」出演。
真面目な役をさせるも演出納得せず。劇団内での彼女の役者としての役割が、喜劇女優として定まる。

・2012年10月
伊丹アイホール自主企画「北村想の現在/座標」リーディング公演に参加。
リーディングやのに1ページ台詞をすっ飛ばして読む。切羽詰まって同じ台詞を5回繰り返す。客演さんに収集してもらい赤っ恥をかく。演出も赤っ恥をかく。僕はまだ覚えている。

・2013年4月
コトリ会議演劇公演11回め「にくなしの、サラダよ」出演。
お芝居中に皆に抱擁する場面の室屋がぎこちない為、血を吐く程練習する。演出、ダメ出しし過ぎて血を吐く。

・2013年11月
コトリ会議梅田公演「いい匂いの人がブラブラしてる」脚本。
3つの短編公演の一つの脚本を担当。
室屋脚本好評を得る。
演出ひがむ。

・2013年大晦日
名古屋のミソゲキに役者として参加。
名古屋の皆さんに室屋和美モテる。
劇団員皆でひがむ。

・2014年2月
コトリ会議演劇公演12回め「こりす池のともぞう」出演。
場当たりのくそ忙しい最中、室屋和美、ちょっと高さを上げた舞台にひょいと上がれない事実が発覚。主に体格が原因。
演出から、「芝居のためでなく健康の為に痩せてくれ」と懇願される。

・2014年6月
コトリ会議演劇公演13回め「はなの台ふき/おなかごしのリリ」前説で参加。
普段役者で立つより笑いをとる。また一つ、コトリ会議での立ち位置が「前説役者」と定まる。

・2014年10月くらい
コトリ会議代表、室屋を正式な劇団員に格上げしていなかった事に気づく。今まで仮劇団員という肩書きであった。室屋、代表に平謝りされる。

・2014年12月
コトリ会議演劇公演14回め「社会のまど開放戦線、秋」出演。
衣装の浮き輪が妙にしっくりおさまる。
演出、笑いを堪えるのに必死になり稽古進まず。公演中止を考える。

2015年5月
gate#13にコトリ会議「チラ美のスカート」で参加。室屋、演出助手と照明操作を担当。
照明操作がテンパって務まらず、他劇団員と交代する。でも本番ではブースに入り、一所懸命勉強する。

2015年10月〜2016年4月
対ゲキのコトリ会議作品のうち、名古屋、大阪、東京公演に出演。
この頃になると、喜劇女優としての才能が開花して、バンバン笑いをとる、はずであった。
相変わらず、テンパると、台詞をとばすし、どうしようもなくなるけれど、調子にのっているときの室屋和美は、本当に面白かった。
今まで本当にありがとうございました。
D1271908-DA74-469E-A51F-B72516921B02.jpg


コトリ会議
山本

posted by コトリ会議 at 22:16| Comment(1) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

はじまるよ!全員集合!

只今、新幹線内でホントにもうすぐ新横浜ですーってアナウンスでホントに東京向かってるんだーってポカーンとしてました。渡邊です。

今日、4/1(金)の夜7時からこまばアゴラ劇場で対ゲキ東京公演が始まります。

出演メンバーは一足先に東京行って頑張ってます。

先日の最終稽古。
特に最後から2回は通し通しを繰り返してました。


皆がそれぞれ悩んで、苦しんで、もがいて生まれた作品は、大阪公演での作品の再演と言えど、まったく別物の印象が強いです。

東京でコトリは初めてって方にも勿論ですが、Twitterで小飴さんが仰ってた通り、大阪公演での『あたたたかな北上』を知ってる方にも是非、見比べていただきたいなぁと思います。


初回は19時から。
当日券も若干出るそうです。
迷ってる方も是非是非ー!

因みにタイムスケジュール兼、残席状況。

【対ゲキだヨ!全員集合タイムスケジュール兼、残席状況:31日23時現在】
4/1(金)19:00…×(当日券若干販売)
2(土)13:00…×(当日券若干販売)
2(土)18:00…△
3(日)11:00…△
3(日)16:00…△
ご予約→https://t.co/KEsmxWsJQr

会場○こまばアゴラ劇場
上演時間○2時間25分
3団体各40分・途中休憩2回有り

料金・見どころなど詳細!↓
https://t.co/Zt9gyanCHB

20160401115155079.jpg
20160401115206261.jpg

画像は最後の通し前の円陣と、小中さんが教えてくれた画期的な自撮り方法での全員写真。

作品はしっとり系と謳われてますが皆熱いです!
posted by コトリ会議 at 11:53| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

くりくりと、ぐるぐると、

寒さが和らいできましたね。

1週間くらい前に寒い寒いといいながら暖房つけるのに抵抗する気持ちをもて余してたのがウソみたいだなぁーとボンヤリ考えてます。渡邊です。

その1週間前の一日稽古では、
まずボールのゲームを行い、その後にお口の運動を。

20160319122607459.jpg

担当している役と関係なく、その台詞の役になりきりながら、順繰りに台詞を回し読みしていく、というものです。

ちなみに同じとこを2回トチると真ん中でペナペナダンスとやらを踊る、という愉快な罰ゲームがございます。

コトリの台本は自分の中に落とし込むのが難しいとよく言われる為か、やる側はトチらないように、込み入った台詞が当たらないようにと、ドッキドキ。

片や、見ていた私は悠々と、端から違う人がその台詞を読むとまた違った雰囲気に聴こえて面白いなーと楽しんで見てました(笑)

誰が罰ゲームを食らったかはご想像にお任せしますね。
因みにその人のダンスはホントにペナペナと、キモ面白かったです(←誉め言葉)

そんなアップ後はひたすら稽古。
役の中身をひたすら色々試した前回とは違い、この回は位置や体勢など、物理的に異なることを試みました。

大阪公演時とは会場も違う為、異なった空間の使い方もできるので、この辺この位置でしてみよう、ここ使ってみよう、この角度では…などなど沢山、いろんな素材を付けたり外したり捻ったりと試していき、新たな可笑しみが生まれてました。

そんな中での写真。
20160319122827811.jpg

『ここ、こうしたらどうなるか見たい』という意見でやってみた時の写真です。

果たして本番で使われるかは、当事者全員、今のところは謎。
今回の稽古期間は何度も何度も、実験して繋げて壊して探っていきますので。

また違う日の稽古でも『ちょっとぶっ壊してみましょうか』という試みもしてました。

なにやらBGMに"男の子が燃えそうな曲"も流したりして。
因みに試みた結果は、『あ、これは違うね。という成果は得ました(笑)』でした(笑)


また壊して、作って作って。

勿論稽古なので、楽しい空気以外にも、生みの苦しみとの葛藤も生まれております。

20160319122952470.jpg
20160319122959342.jpg
数が重なるに連れ、発生していくジレンマ。

一人一人、何かしら思うところと向き合いながら、目の前の壁を打破しようと悩んでもがいて。

やったことを振り返りながら、更にそこから上を目ざしてぐるぐると。

この螺旋階段みたいな惑いの先は、どのような姿になるのか。

4月まで残り半分。
いよいよ佳境にさしかかっております。
posted by コトリ会議 at 09:33| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

生まれて崩してまた生んで

温かくなってきたと思ったらいきなり冬の気温に戻っちゃったので暖房を入れるときふと、ホントにつけて良いのか…?!と、なにやら抵抗が生まれます。渡邊です。
まあ結局つけるんですけどね暖房。


さて、先日の稽古。

まずはアップにボール。
その後は台本の読み合わせ、でした。


今回の『あたたたかな北上』は云わば[再演]です。
だから台本は基本的には同じ作品です。

ですが、大阪公演とは全く別のモノにしたい。
という山本さん。


その為にはどうしたらいいか。

目指したいモノはどういうものか。

どう見せたいか。

ソコに近づけるにはどうしたら良いか。

意見を交わしたり、考えたり。
"会議"をしました。


そしていろんな素材を取り入れては壊し、取り入れては壊し、を繰り返し行いました。
20160312112302815.jpg
20160312112212916.jpg

正解というものはないけど"提供したいモノ"に近づけるために、今回の稽古期間ではアレやコレやと試して、いろんな効果を生んで、見えたヒントを取り出して紡ぐ為に、色々試して探していきます。


この日もいっぱい生まれました。
でも次の稽古ではリセット。
さて、どんなモノが生まれるのやら。

次の稽古もしかと、その過程を見届けていきたいと思います。
20160312112359086.jpg

これは一瞬ドラゴンボールの話になったときの写真。
良い笑顔!

魔貫光殺砲…漢字変換どうだっけとネット開いたら女子高生のアクティブな写真にびっくらこきました渡邊がお届けしました!

ではではー。
posted by コトリ会議 at 11:31| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

始まりました!稽古!

ご無沙汰してます。渡邊です。

大変遅くなりましたが、大大阪舞台博覧会では関係者の皆様、ご来場いただいた皆様、気にかけていただいた皆様、ありがとうございました。

『小鳥。名前はコネリ。』
20160307184026825.jpg

いかがでしたでしょうか?

とても短くシンプルな作品でしたが、観た人の中に何か残るものがあれば良いなぁと思います。


さて、少し期間が空き、先日とうとう対ゲキ東京公演の顔合わせがありました!

20160307184040609.jpg
20160307184057984.jpg

作品は大阪公演の作品と同じ、
『あたたたかな北上』ですのでメンバーも最早お馴染みの顔ぶれです。

改めて、よろしくお願い致します。

この日は小屋入りから帰りまでの期間についての打ち合わせをし、台本(変成版)の読み合わせ。

果たしてあのセリフ、あのシーンは変わっているのか…!と、いろんなドキドキの混じった状態からスタートした読み合わせでした。

そして終わった後は皆で焼肉!!
…肝心のお肉の写真はお肉に夢中で撮り忘れてしまいました…。
理性は空腹の前だと呆気なかったです。
すみません。


なんとこの日は伊丹AIHALLで本番中だった、対ゲキ仙台、新潟、名古屋公演でオレンヂスタに出演されてたる正和さんが本番後に駆けつけて下さいました!
20160307184237032.jpg
るさん合流後の写真です。

出演中の少年王者館の話や、対ゲキの感想など、いろんなお話をしてくださいました。

次の日に公演を観る予定だった若旦那さんは嬉しそうにるさんや観たメンバーにリサーチかけてましたよ。

お話しながら焼肉食べて、タンパク質やらなんやらで満腹になったとこでお開き!

これからまた期間は短くはありますが、蓄えた活力を使って稽古で作品を再構築して東京にお届けしますよ!

またこちらにも稽古の写真や日記を上げていきますのでお付きあいいただけると嬉しいです。

よろしくお願いします。


ではでは、本日も稽古場へ行ってきます!

渡邊でした。
posted by コトリ会議 at 18:46| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

大阪公演、無事に全日程終了しました。からの、

対ゲキが終わって日常、日常、の日々です。

まだ昨日のことのような感覚が残ってて、
でももう大阪公演から2週間経ってるのかと思うと信じられない…とカレンダーを睨み付けることが日常の中の習慣となりつつあります。渡邊です。


大変遅くなりましたが、『対ゲキ』大阪公演、無事に全日程終了しました。

ご来場いただいた皆様、応援してくださった皆様、関係者の皆様、ありがとうございました。
20160129125558213.jpg
大阪公演のキャスト、スタッフ、家族全員集合写真です。
壱劇屋さんも期間中、ゲストで来てくださった時のものです。

対ゲキ、いかがでしたでしょうか?

三都市を巡って、ホームの大阪でも『対ゲキ』を知っていただけてうれしく思います。
また、ご来場いただいた皆様が楽しんで頂けていたことを願うばかりです。

ちなみに私も拙いながらも駄菓子屋とおばあちゃんを内心、すごく楽しんでました(笑)
話相手になってくださった皆様、手伝ってくださった皆様ありがとうございました…!


さてさて、次回の対ゲキ東京公演の4月までの間いくつかコトリ会議は公演情報がございます!

まずはコトリ会議のメンバーの一人、
若旦那家康の客演情報です。

こちらはもう間近!

今月30日…明日ですね。
わ、明日か、遅めでごめんなさい。

30日(土)、1日限定の公演だそうです。

コトリでの若旦那家康しか見たことない方やスタッフや制作としての若旦那家康のイメージが強い方は必見かと!

ダンナさん曰く、
「結婚感を確かめる作品」なんだとか。

結婚感…私もちょっとゆれそうですな。

『うめるな、ゆれろ』

1/30(土)15:30/18:30

料金/前売り1500円(予約制)、当日1800円

会場/Cafe Slow Osaka(十三)
上演時間は約60分だそうです。


そして以前にも、Twitterにも流しておりますが、
コトリ会議も大大阪舞台博覧会に出演します!

コトリ会議は2/7(日)、15時から上演です。

今回のタイトルは
『小鳥。名前はコネリ。』 です。

先日、とうとう稽古が始まりました。

20160129123408791.jpg

真剣な表情で台本と向き合って、作品からのイメージを話し合ってる皆の図。

牛嶋さん、小飴さん、そして私も、台本を読んだ共通の感想は「今回は"コトリとしては"珍しい感じがする」でした。

皆様の目にどう写るのか、ワクワクしてます。


予約はこちらから可能です。
大大阪舞台博覧会は単品では500円、1日通しでも2100円で沢山の作品、団体を観ることができますよ。

大大阪舞台博覧会は4日間ありますが、どの団体も1日限定!お見逃しなく!です!

コトリ会議は2/7の15時から!

大事なことなので2度言ってみました。

予約はこちらから!

【 公演予約フォーム URL】
https://t.co/iYo11dpjFc

よろしくお願い致します。


ではでは、渡邊でした!
posted by コトリ会議 at 12:38| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

最終稽古、のち、ラーメン!

終わりました。最後の稽古。

最後の稽古日はボールのアップをやった後に、通しを1回。
その後に気になるところを返したり、細かい擦り合わせや確認をしたり。

ここ最近の稽古はアップ&怒濤の通し祭でドタバタした印象が強かったのですが、最後の稽古はすぅーっと、静かに、静かに終わりました。

終わった後は『ああ、終わっちゃった…っ』てなにやらセンチメンタルな心地でしたがそれも一瞬。

「ラーメン行きましょう!」
と、代表・山本さんの一声で一気にワチャワチャ賑やかになりました(笑)

そんな感じのワチャワチャとラーメン食べてる風景です。(室屋さんが撮ってくださいました!)
20160114082658332.jpg

明日からは小屋入りから本番まで時間を一気に駆け抜ける忙しさになりますが、皆で頑張ります!

応援、よろしくお願いします!

【 対ゲキだヨ!全員集合 〜お題は家族♨︎3劇団で3県回るヨ!!!〜 | 大阪公演 URL】
http://taigeki3kazoku.wix.com/index

ご予約も是非是非!お待ちしておりまーす!

渡邊でした!
posted by コトリ会議 at 01:29| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

エリンギは美味しい!セクシー!良いよね!

エリンギは輪切りにしてバターと醤油で炒めて食べるのが好きです。渡邊です。

タイトルは昨日の稽古中に突発的に飛び交った言葉です。

昨日は通し祭でした。
3回通しをし、気になるところを返し返し。

3回の内、1回はアップとして、
"台詞を早く回しながら、どこかでエリンギを褒める一言を言う、言った人以外はリアクションをする"
ってルールで通しましたよ。


シーンに慣れず身構えずに新鮮さを保つってことが目的なのですが、もー皆、遊ぶ遊ぶ。盛大に遊んではりました。

イレギュラーなことが連発で笑いまくりました。
腹筋痛かった…。

流石なのが、エリンギに盛大に反応した後、事前の打ち合わせとかもなかったのに皆、スッと本来の流れに戻るとこです。

いつも繰り返しやってることと違うことが起きて、ワチャワチャしてたのにいつもよりもあっという間に終わったなと感じました。

同時に、そのつもりはなくてもやはりシーンに慣れてしまってたんだと実感させられました。

そんなアップをした後の通しは新鮮さも復活してまして。

プロンプという、もしもの際に台詞を飛ばすお仕事をしながら見てましたがいつもよりも更に惹き込まれて
笑うことは勿論、気づいたらちょっと泣いてました。

たまに目頭熱くなるってことはありましたがプロンプしながら泣いたのは初めてだったのでビックリしました。

改めて『あたたたかな北上』、いろんな人に観てほしいなと思います!


ご予約、まだまだ行けますよー!

【 対ゲキだヨ!全員集合 〜お題は家族♨︎3劇団で3県回るヨ!!!〜 | 大阪公演 URL】
http://taigeki3kazoku.wix.com/index

よろしくお願いします。


20160113132040314.jpg

ちなみにこれは休憩時の一コマ。
休憩と共に相撲が始まりました。
わたしが認識してた"相撲"と違う…

渡邊でした!
posted by コトリ会議 at 04:52| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

神様にもお願いしてみました。

稽古の期間もあとわずか!

10日の稽古は転換の稽古を一通り行い、通しを2回行いました。

面白くなってきてます!

緻密に、丁寧に創り込んできたこともあり、通しが終わった後のエネルギーの消耗具合が目に見えてすごい。

演る側もですが、見てる側も惹き込まれてしまう為、無意識にエネルギーを使ってるらしく、
通しの直後は皆、ブハーって息を吐いて暫く無言になっちゃってました(笑)


通し2回をやってヘロヘロになった後、
1月10日は十日戎の真っ只中だったこともあり、稽古後に皆でえべっさんに行ってきました!
20160112135508902.jpg

『対ゲキ』が成功しますようにと、お参りです!


何気にコトリのメンバー内ではえべっさんを知らない率が高かったので、
小中さんや若旦那さんにえべっさんのことを簡単に教えてもらって、予習してからお参りに行きました。

お参りした後は皆でおみくじを引いて見せ合いっこしたり。
20160112135525907.jpg

各々気になる出店で食べたり飲んだり。
20160112135604947.jpg

お祭りもしっかり、楽しんできました!

お酒飲める組曰く、疲れた身体に染み渡って美味しい!とのこと。

私もからあげや揚げつくね、お汁粉、たい焼きとついつい羽目とお財布の紐を取っ払っちゃいました。

ご利益とともに活力をもらって、
残り2日、皆で頑張りたいと思います。


ご予約、まだの方で行く予定だよーって方!
こちらに予約フォームありますよ〜。

【 対ゲキだヨ!全員集合 〜お題は家族♨︎3劇団で3県回るヨ!!!〜 | 大阪公演 URL】
http://taigeki3kazoku.wix.com/index


よろしくお願いします!

渡邊でした!
posted by コトリ会議 at 10:55| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

びっくりぽんでした。

20160108183354275.jpg
稽古稽古の日々でございます。

昨日の稽古中に教えてもらって知ったのですが、
なんと!
20160108183118315.jpg

毎日新聞の夕刊に対ゲキの大阪公演についての記事を缶の階さんの記事と共に掲載して頂いてました!
びっくりぽんです!

20160108183218469.jpg

写真は短距離男道ミサイルさん!
写真が写真なだけにインパクトはあるかと思います。
実物見たらもっとスゴいのですよ…。

記事を読んだ方は是非、劇場でお目にかかってほしいと思います!


ご予約はこちらから!
【 対ゲキだヨ!全員集合 〜お題は家族♨︎3劇団で3県回るヨ!!!〜 | 大阪公演 URL】
http://taigeki3kazoku.wix.com/index

割引、使っちゃってくださいね!

本番まであと1週間!

あれ!?もう1週間!?早い!!
これまたびっくりぽんです。

ただ、使いたいが為に"びっくりぽん"を挿入しまくりました。渡邊でした。
(驚いたのは本当です…っ)
posted by コトリ会議 at 18:36| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

愛媛の"タルト"はうずまきなのです。

終わっちゃいましたね、お正月。

朝、お仕事行くのに最初で最大の難関、
お布団から脱出するのが困難でございます。
ギブミー、ぬくもり。

お休みから復帰しました。渡邊です。

お休みありがとうございましたーと、稽古場で皆さんに栗タルトを押し付けてました。

地元のタルトはなにやら珍しいらしいので、お土産に悩んだらこの辺に頼ってます。
会社によって違い、八種類あるのでいつか食べ比べてみたいです。

さて、対ゲキ大阪公演初日まで残り1週間とちょっととなりました。

今までの稽古で、これでもかってくらい台詞を繰り繰りしてきてたこともあり、最初の頃に馴染むのが難しいと定評のコトリ独特の台詞達も、皆さん馴染んできてます。

更に各々の引き出しを駆使して、色々な可能性を試しつつ、擦り合わせをし、一つ一つのシーンが洗練されてきてます。

20160106132358310.jpg
役柄について話している小飴さんと室屋さん。

20160106132426526.jpg
とあるシーンを擦り合わせ中の光景。

コトリ会議は会話が中心なので比較的、ド派手なパフォーマンスとかはありませんが、作品をより面白くするにはと、熱意の塊が部屋中に充ちて熱いです!ムンムンです!

初日までもう間近。
ご予約、よろしくお願いします!

お一人様割、一族割、同姓割、シニア割と割引対象者、多数ですよ。

当日早く会場に来た人はキャッシュバックの抽選対象になる可能性も…!
気になる方はホームページへGO!です!

【 対ゲキだヨ!全員集合 〜お題は家族♨︎3劇団で3県回るヨ!!!〜 URL】

http://taigeki3kazoku.wix.com/index

ではでは、渡邊でした。



posted by コトリ会議 at 13:30| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

2016年は平成28年。どんな年。こんな年。

ブログでもあけましておめでとうございます。
コトリ会議です。
若旦那です。
本年もよろしくお願いいたします。
20160101021238507.jpg
年末は30日に稽古して、アトリエS-paceの忘年会に行く。
31日はミソゲキを観に行って、カウントダウンだったんで。
大阪帰って寝て、起きて、1月2日からもう稽古です。

こんな時期に公共の稽古場は開いていないので僕の自宅で細々とセリフ合わせを。
2回通し稽古しました。セリフだけで。
大体35分くらいですかね。
僕はセリフよりも段取りと動きが重要なので、皆のセリフの合間に、細々と指を動かしました。
あと、目線を動かしたり。

やー、もっと広いとこで稽古したいですね。ドラマシティとか。

とにもかくにも、対ゲキ大阪まであと2週間。
ぼちぼち予約が増えてきましたよ!
早めのご予約、早めの来場お待ちしています!(早めの来場はキャッシュバッククジが盛り上がって欲しいから)
対ゲキはこちらから予約→http://taigeki3kazoku.wix.com/index#!osaka/w0tb3

2016-01-02 20.49.02-4.jpg
我が家を公開!室屋と渡邊は欠席!
posted by コトリ会議 at 22:43| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

今年も、稽古、納まりました。

今年もあと少しになりましたね。

 紅白、ラスボスこと、小林幸子さんすごかったですね。
テレビの前で開いた口が塞がってませんでした渡邊です。

昨日、とうとう今年の稽古納めでした。
終わった後は皆で『終わっちゃったねぇー』って言い合いながら、
なかなか実感を感じられないながらも感慨深い気持ちになったりしました。

そんな今年最後の稽古は衣装合わせから始まりました。

20160101020706023.jpg

 原さんも竹内さんもシュッとしてはりますので、
あれは?これは?って色々な組合わせを着ていただきましたが、どれもカッコよく着こなしてくださるので
仮決め衣装の資料の写真を撮るのに張り切っちゃいました。
ここに載せれないのがちょっと残念です。


衣装合わせの後は一通り読み合わせをし、気になるシーンを幾つか繰り返した後、
椅子を散らばらせた状態でシーンの雰囲気を掴む為、動きながら読み合わせをしました。
20160101020758864.jpg

 普段決めてた設置状況から違った状態でやったことによって、また新たに、生まれてきそうです。


さて、今年も京都のKAIKA『gate#13』から始まり,
『対ゲキ』の仙台、新潟、名古屋の三都市公演と、いろんな地域で活動させていただきました。ありがとうございました。

来年のコトリ会議は、1月に『対ゲキ』大阪公演、2月に『大大阪舞台博覧会』と初旬から、
大阪でメェいっぱい、皆様にウキウッキした気持ちで楽しんでいただけるヨウ、
励む予定でございます。

来年も皆様とのごエンがありますように!

20160101021238507.jpg

2016年もコトリ会議を何卒、よろしくお願い致します。

それでは皆様、よいお年を!




posted by コトリ会議 at 21:55| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

今日も今日とて、稽古なのです。

年末ですね。皆様、如何お過ごしでしょうか?

『もぉーいーくつ寝ーるーとー、おーしょーぉがーつー♪』って歌詞がリアルになっているという現実に時間の早さに対して恐怖を感じてます。渡邊です。

今日も天気予報で『大晦日の天気は〜』て言葉を聴いて耳を疑うなど、思考が全力で受け入れることを抗っております。

さてさて、いろんなところで『今日は今年の○○納めでした!』って言葉が出てますが、コトリ会議はまだ納まっておりません!
今日も!稽古!あります!(どーんっ)

とりあえず、先ずは昨日のことから。

一通り本読みをし、 段取り、転換の調節をしつつ、気になるシーンを動いてみたり、流しでやってみたりと、練って練っております。

並行して、小道具の話、舞台上をどうするか等の話もしたり。
話の中に出るアイデアや言葉が瞬時に飛び交うのでまだまだ踏めてる場数が少ない私はすごいなぁと感心させられるばかりです。

そうそう、昨日は原さんが差し入れに美味しいチョコレートを持ってきてくださいました!


ご覧ください。
20151230174201830.jpg
コトリ会議のグルメリポーター(勝手に決めた)こと、室屋さんのこの表情。
ご満悦でございます。
それくらい、美味しいチョコでした。

20151230174213705.jpg
楽しく、美味しく、堪能させていただきました。

原さん!ごちそうさまでした!


ではではこの辺で。
今日の稽古もしっかり、目に焼き付けてきたいと思います!

今回の敏腕・演出助手!縁の下の力持ち!

小飴先輩の熱心に仕事に打ち込むお姿(隠し撮り)で締めたいと思います。
20151230174303492.jpg

渡邊でした!

posted by コトリ会議 at 17:47| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

新しくなった!

あ、稽古のアップのゲームで使うボールのことなのです。
20151212195116022.jpg

みどりです。スイカです。
8月にDanieLonelyさんの公演を観たときに頂いたスイカが美味しかったなぁとふと、思い出しましたこんにちは渡邊です(じゅるり)

てことで、先日の稽古では上のボールを使ってアップをしました。
コトリでは恒例のボールの数えながらのパス回しゲーム。

[5の倍数の時だけ手でパスはNG]ってルールがあって、足や頭で返すのに苦戦します…
下半身の瞬発力やリズムを持続させる為の緊張感が常に必須なので(しかも数が増してくとプレッシャーも)終ったときはブハーって脱力感を感じます。

山本さん曰く、「相手に渡す気持ちも大事」なんだとか。ふむふむ。

初参戦の竹内さんも始めは若干戸惑ってたみたいです。が、直ぐに対応してひょいひょいと打ち返されてました。流石。

そして、この日!
ウィングフィールドでの『界境に踊る』の本番終えて、牛嶋さんも稽古に合流です。
公演、お疲れ様でした!

早速、牛嶋さんも加わっての稽古が始まりました。

20151212195144930.jpg

牛嶋さんが合流したことで、また新しい色がついていきます。
回数を増していく毎に、演出からの指示でもまた、ガラリと雰囲気も変わっていきます。

そして変わると可能性も生まれる。
偶然生まれた瞬間が面白かったり、選んで挑んだことが何やら違う効果が生まれたり。

果たしてどんなシーンになるのか…!
こうご期待!です!


posted by コトリ会議 at 19:53| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

3日目。

先日、『あたたたかな北上』の稽古の三日目を迎えました。

いつも夜からですが、この日は健康的にお昼から稽古でした。
画像はアップ中の皆さんです。
20151209102635147.jpg

普段はアップ時にボールのゲームや人狼をやったりしてますが、最近は客演さんに教えてもらったゲームをやったりもしてます。

この回は原さんが教えてくださった『ヒットマン』ってゲームをやりました。
輪になった状態で鬼が殺気を飛ばした先にタッチする前、又は同時に他の人の名前を呼んで逃げるゲームです。

殺気を察知する感覚や言い切る決断力が必要です。
更に『二回負けたら罰ゲームやる為、抜ける』てルールもある為、誰が残ってるかの咄嗟の判断力も必要だったので「こあm..あ!いない!!」とかよくありました。

結構、劇団員が惨敗してた気がします(笑)

その後はミッション有りのエチュードもやりました。

20151209102730039.jpg
20151209102750703.jpg

上の画像時の後に騒いだり、コミカルさはなるべく排除した"緊張感"を要した状態のエチュードもやりました。
困惑、不安、疑惑やらが混ざりあって、ジリジリとした緊張感が湧いてて見てる側もハラハラドキドキでした。

エチュードの後は台本をひたすら繰り返し。
毎回違うものが生まれてきてます。
まだまだ始まったばかりの稽古期間。
稽古最終日にはどう変化してるのか既にワクワクです。

チラシもいろんなところで配り始めてますよ。
先日、私も挟み込みに参加してきました!
なかなかスムーズに行かず終始、顔面に変な汗をかきました..(遠い目)

チラシがお手元に届いた方はどうぞ、『対ゲキ』をお見知りおきくださいませ!


もっと挟み込み作業をスムーズにスリスリできるようになりたい…とひっそり心の中で思う渡邊でした。





posted by コトリ会議 at 10:34| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

アップのち、ほくほく。

こんばんは。渡邊です。

4月最後の稽古の日誌は私が担当になりましたので、
さあ、何書こうと悩んでたらGWが終わってしまいました。あわわ。

4月最後の稽古では、アップで"ボール鬼ごっこ"をやったのですね。

普通の、タッチで鬼が代わるところを、ボールをぶつけて鬼が代わっていくゲームです。
そして時間制限有りのゲームです。

これ、鬼はボールを持った瞬間からその場から移動できなくなる上に、当たらなかったら拾いに行く間タイムロスが発生したりとリスクが高く、難しいのです。

しかもさっき言った通り、時間制限あり。

時間切れの時に鬼になってた人は罰ゲームが待ってるのです。

だから(だけじゃないのもありますが)皆全力です。鬼もだけど鬼じゃない人も全力です。容赦ないです。

そんな感じなので短時間ですごくエネルギーが消耗されます。
アップとしては理想的なんでしょうね。

ちなみにこの日の鬼ごっこはタメさんが罰ゲームを被っていただくことに。

次の日に、(梅田の)西へ東へお土産探しに勤しんでくださり、美味しいコロッケを買ってきてくださいました。
じゃがいもがホクホクで美味しかったです。
皆で楽しく美味しくいただきました♪
20150507011215924.jpg

画像はそのコロッケ食べてるときの織田さんと小飴さん。
こそっと撮ったつもりが、小飴さんに透かさず撮り返されてしまいました。ちゃんちゃん。
20150507011229605.jpg
posted by コトリ会議 at 01:14| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

もうすぐ本番なのですよ!

こんにちは、コトリ会議の焼きたてジャぱんこと、室屋です。
クリスマスも終わり年末に差し掛かりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、「社会のまど開放戦線、秋」の本番を3日後に控えている私たちです。
バッキバキに稽古を進めております。がんばっておりますよ。
みなさまご観劇のご予約はお済みでしょうか?ぜひぜひ、笑って泣けてしんみりできる
コトリ今年最後のお芝居を目撃しにきてくださいね。
80分弱くらいのお芝居になるかと思います、どうぞ暖かい恰好でお越しください。

今回、劇団から今年一年のお礼を込めまして年賀状企画をやりますよ。
ご来場のお客様に年賀状をお届けしようというものです。
ご希望のお客様にはご自身でハガキに住所をご記入いただきます。(宛名間違いゼロ!)
それを千秋楽後に舞台写真か牛嶋イラストかの2種類どちらかを印刷して、メッセージを書いて
お送りいたします。どうかお年玉付きが当たりますように!

===

さて、先日・12月15日は本番会場となるKAIKAにて「小劇場コモンズ」が開催されました。
2時間ほどのコトリ会議ワークショップでございます。
そのタイトルはずばり「コトリ会議の稽古場を体験してみましょう」。
うーん、まんまですね。潔い!

kotorikomonzu.jpg

内容はというと、
○コトリ会議の紹介/参加者さんの自己紹介
○みんなでストレッチや発声
○サーキットエチュード(めまぐるしくエチュードが繰り広げられます)
○「社会のまど開放戦線、秋」の台本を使った本読み
○「おなかごしのリリ」の台本を使った本読み

などなど、2時間で盛りだくさんの内容でした。

参加者さんもたくさん来ていただいて嬉しかったです。
見てこの写真。盛り上がってるでしょ。みんな「うまい」んだよなぁ。

photo(20141226012326).jpg
photo(20141226012400).jpg

本読みも盛り上がりました。参加者さんたちは皆意欲的で快活です。

photo(20141226012328).jpg
photo(20141226012352).jpg

この写真は、なにかの儀式のようですね。一体感!

photo(20141226012322).jpg

ご参加くださった皆様、ご協力いただいたKAIKAさん、ありがとうございました!

===

「社会のまど開放戦線、秋」のご予約、少しずつですが埋まってきております!
平日にも関わらず嬉しい限りです。
初日・29日の19時半の回は少し入っていますが、まだまだご予約を承っております。
皆様のお越しを心よりお待ちしております!

〈お知らせ〉
◆12月29〜30日「社会のまど開放戦線、秋」のチラシ挟み込みにつきまして◆
日時/12月29日(月)12時〜
部数/200部  会場/︎KAIKA
持ち込みのみとなります。
お問い合わせは劇団メール kotorikaigi@gmail.com までお願いします。

携帯からの予約はこちらをクリック!





[PR] シストレ比較
ファイル転送 無料
シストレ初心者
ミラートレーダー
posted by コトリ会議 at 13:39| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

【最新】アイホールでの最新作!情報発表!〈5月30日〜6月1日公演〉

写真 2014-03-18 2 56 20.jpg

(追記:4月27日にスタッフ情報など)

おはようございます!室屋です。
「こりす池のともぞう」も終わって、はや一カ月と少し・・。
月日が過ぎるのは早いものでございます。うむ。

今日は、ようやく次回公演についてのお知らせをさせていただきます!
大切なお知らせですので、ぜひ最後まで読んでくださるとうれしいです!

====
次回公演のポイント
◎最新作はなんと二本立て!両方観るとお得にご観劇いただけます!
◎念願のアイホール公演!次世代応援企画「break a leg(ブレイクアレグ)参加!
◎またまたやります、2府4県「以外」割
==========

以下、公演情報です。解禁!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◎公演情報◎

<次世代応援企画 break a leg参加>
コトリ会議演劇公演13回め
「はなの台ふき/おなかごしのリリ」
作・演出:山本正典

出演
『はなの台ふき』
要小飴(コトリ会議)
岡嶋将英
白井宏幸(ステージタイガー)
高山涼
野村由貴
向田倫子(ババロワーズ)

『おなかごしのリリ』
牛嶋千佳(コトリ会議)
若旦那家康(コトリ会議)
織田拓己(カラ/フル)
長橋秀仁(ThE2VS2)
中村真利亜(TAKE IT EASY!)
弘津なつめ

※追記:4月27日・出演者入れ替えにつき掲載情報を変更しました。詳細は、
http://kotorikaigi.seesaa.net/article/395660024.html
こちらの記事をご覧ください。

会場AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)
〒664-0846 伊丹市伊丹2丁目4番1号
※劇場HP/http://www.aihall.com/

日時: 2014年
5月30日(金) 19:30〜☆
5月31日(土) 13:00〜★/16:00〜☆/19:00〜★
6月1日 (日) 11:00〜☆/14:00〜★

☆・・・「はなの台ふき」の話
★・・・「おなかごしのリリ」の話

料金: (全席自由・当日精算)
一般 前売・当日 ・・・2000円
2作品観劇(一般) ・・・3000円

2府4県「以外」割 ・・・500円 (要証明)
2作品観劇(以外割) ・・・1000円


【2府4県「以外」割について】
関西2府4県以外にお住まいの方の割引です。
現住所を証明するものを受付にてご提示ください。
※2府4県・・・京都・大阪・兵庫・滋賀・奈良・和歌山

あらすじ
新しい鬱病だと診断された「私」と家族をめぐる『はなの台ふき』。
山奥の一室を舞台に繰り広げられるミステリー仕立ての物語『おなかごしのリリ』。
“ひと部屋”を舞台に奇妙な事態に巻き込まれる人々を、
得意の会話劇で描く新作2本立て公演!

スタッフ 
舞台監督/西野真理子
音響/佐藤武紀
照明/廣瀬良二
舞台美術/柴田隆弘
演出助手/伊藤由樹(工房黒猫ハグルマ)
宣伝美術/Not Mantis Design
制作/尾崎雅久(尾崎商店)
制作補佐/室屋和美(コトリ会議)
====
共催/AI・HALL
主催/コトリ会議
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以上が現在決定している公演情報です!
まさかの新作二本!作家・山本氏の真骨頂ですね。張り切りまくりです。
次回はどっぷり会話劇です・・ぜひカラーの違う2作品を見て頂きたいです!

ちなみに前回公演「こりす池のともぞう」の当日パンフレットでは、
「わたし、カタツムリより速い(仮)」というタイトルでお知らせしておりましたが
結果このようなタイトルになりました。すみません。
どんなお芝居になるのか、タイトルから想像していただくのも楽しいかと思います。

冒頭にもお知らせいたしました通り、
今回はアイホールさんの自主企画「break a leg」に参加いたします。

(劇場HPより抜粋)
「break a leg(ブレイク ア レグ)」とは、これからパフォーマンスを始める人に向かって
「成功を祈る」という意味で用いられるフレーズ。本事業では、若手表現者に会場を提供し、
次代を担う才能の発掘・育成を目指します。新風を吹き込んでくれる表現者たちの競演に
ご期待ください。


昨年は劇団子供鉅人さんとオイスターズさんが参加をされていました。
今年は大阪から私たちコトリ会議が、東京からFUKAIPRODUCE羽衣さんが参加します。
今から成功を祈ってやまないワタクシです!

そしてそして。
今回もやります!2府4県「以外」割!前回おおむね好評だったのです。
遠方からの方にも、ぜひコトリ会議のお芝居を楽しんでいただけたらと思います。
観光に、遠征の下見に、観劇ツアーに、本公演を組み込んでみてはいかがでしょうか?

さらなる詳細はこちらのブログや、
Twitter(@kotorikaigi)でお知らせしていきたいと思います。
コトリ会議の今後の動向にぜひご注目ください!
以上、お知らせでございましたー(^^)♪

※公演は終了致しました。たくさんのご来場誠にありがとうございました。

posted by コトリ会議 at 07:00| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

今後の公演情報を発表!〈ミソゲキ2013&こりす池のともぞう〉

なんでだろーなんでだろー
懐かしのあの芸人っぽいですね

寒いです!冬です!コトリ会議の室屋です!皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日、最強の一人芝居フェス「INDEPENDENT:13」が行われ、
代表・山本が作品提供しました「10周年孤独乱交パーティー」の上演がありました。
出演はbaghdad cafe'の一瀬さん、演出は泉さん…と、久々のコトバグリでした。
ご覧いただけましたでしょうか?

いろいろな所から「山本くん狂ってる」「山本くん壊れてる」とお褒めの言葉を頂きました、
ありがとうございます。私も拝見しました。作品はもちろん面白かったのですが、
作品提供側ということもありまして「この作品いけんの?」とヒヤヒヤした感は否めません。
とはいえ、無事終演しましたことをうれしく思います。関係者の皆様ありがとうございました。
ほんとに熱い、楽しいお祭りでしたね。イキイキした一瀬さんはとても素敵でした。

さて。
表題と、無理やり台詞を言わされている感じのTOP写真の告知どおり、
今後の公演情報・詳細を発表させていただきます。
劇団からのお知らせが遅くなってしまい申し訳ありません。

#######

○公演情報その1
コトリ会議が名古屋の大晦日演劇合同イベント・「ミソゲキ2013」に参戦します!
初の遠征公演です。大晦日もお芝居!そしてカウントダウンイベント!

※注:コトリTwitterの方では告知させて頂いていたミソゲキイベントですが、思いの他
チケットの売れ行きが早く、現時点で29日・30日のA組チケットが完売してしまいました。
(なお完売の回の当日券の販売はありません)お知らせが遅くなり大変申し訳ありません。
今後の販売状況は、ミソゲキ公式サイトの「予約フォーム」、もしくはTwitterからご確認ください。


○公演情報2
2014年2月、久々の本公演やります!12回め公演「こりす池のともぞう」!
芸創セレクション参加・キャストは豪華客演さんを含め総勢10名ぐらい!

↓↓↓以下公演詳細

1)ミソゲキ2013 参加作品
「くるいって何処からくるの」
○作・演出 山本正典

○出演
牛嶋千佳 若旦那家康 室屋和美 要小飴
(以上、コトリ会議)

片桐慎和子 (突劇金魚
小中太 (子供鉅人

【ミソゲキ参加劇団】 (各組上演順)
A組
金星ロケット 廃墟文芸部 孤独部 コトリ会議(大阪)
☆B組
牛乳地獄 劇団さよなら 虚構オメガ 短距離弾道ミサイル(仙台)
☆C組
妄烈キネマレコード 庭々niwa-niwa 群青アパートメント(東京)
ポックサル from 劇団B級遊撃隊

【ミソゲキ2013について】
20分の制限時間で作品が乱れ飛ぶ『ミソゲキ』。
4年目となり、すっかり名古屋演劇界の年末恒例イベントとなりました。
今年は参加団体が12団体に増え、1日3ステージ×3日間の開催にパワーアップ!
名古屋の若手劇団に加え、県外からも実力派劇団がやってきます!!

【日時】
12月29日 11:00〜(A組)/ 15:00〜(B組)/ 19:00〜(C組)
12月30日 11:00〜(C組)/ 15:00〜(A組)/ 19:00〜(B組)
12月31日 11:00〜(B組)/ 15:00〜(C組)/ 19:00〜(A組)
31日22:30〜 カウントダウンイベント
※開場は全て開演30分前からです。

【カウントダウンイベントについて】
※ミソゲキ観劇の方は誰でもご参加いただけます。
※必ず購入チケットをお持ちください。
※帰りの電車等をご考慮に入れ、ご参加ください。

【会場】
ナンジャーレ
名古屋市中村区亀島2丁目26-5 キジビル4F(1Fは『ローソンストア100』)
※名古屋駅(JR・名鉄・近鉄・地下鉄 総合駅)西出口より徒歩10分
※亀島駅(地下鉄東山線)より徒歩6分
http://goo.gl/maps/wWCKh

【料金】
1ステージ券:1500円 2ステージ券:2500円 3ステージ券:3500円
※『2ステージ券』『3ステージ券』の購入の際は、同じ組を2つ以上選ぶことは出来ません。

【ミソゲキ公式サイト】
http://misogeki.com/
【ミソゲキ公式twitter】
https://twitter.com/misogeki

※チケット残席情報につきましてはミソゲキTwitter、ミソゲキ2013予約フォーム等からご確認ください

=============================================

(2)芸創セレクション参加 主催/大阪市

コトリ会議演劇公演12回め「こりす池のともぞう」
○作・演出 山本正典

○出演
牛嶋千佳 室屋和美 
(以上、コトリ会議)

有北雅彦かのうとおっさん
有元はるかはちきれることのないブラウスの会) 
石井テル子Micro To Macro) 
倉橋建ともにょ企画
小永井コーキ彗星マジック) 
田米克弘 
野村由貴
山田まさゆき突劇金魚
※補足:12月15日・出演者に野村由貴さんと山田まさゆきさんを追記しました!

○日時
2014年2月7日(金)〜9日(日) 
2月7日(金)19:30
2月8日(土)16:00
2月9日(日)11:00/15:00 (全4回)
※受付開始は開演の45分前・開場は開演の30分前〜。

○会場
大阪市立芸術創造館
〒535-0003 大阪市旭区中宮1-11-14
http://www.artcomplex.net/art-space/index.html

一般前売・当日 1800円
関西2府4県「以外」にお住まいの方 800円
※〈2府4県「以外」割 について〉
・現住所を証明するものを提示。
・2府4県・・・京都・大阪・兵庫・滋賀・奈良・和歌山


○スタッフ
舞台監督/若旦那家康
照明/廣瀬良二
音響/椎名晃嗣 (劇団飛び道具)
舞台美術/小西由悟
衣装/山口夏希
宣伝美術/Not Mantis Design
制作/コトリ会議

#######

以上!長いお知らせでした。

ミソゲキには、
突劇金魚に電撃入団されたのが記憶に新しい、公演を終えたばかりの片桐慎和子さん!
忙しい三都市ツアーの合間に出演を快諾してくださった小中太さん!
をお迎えします!なな、なんてスゴイ!
もちろん山本氏渾身の書下ろし新作が上演されます。
大晦日にはなんと大トリを務めるコトリ会議。年末はオオトリ会議として羽ばたきます!

そして「こりす池のともぞう」には、
キャスト総勢10名(予定)!あまりにも濃く、パワフルな役者さん方が舞台を彩ります。
昨年はギャラリー、カフェ・・と小スペースで公演を打ち続けてきたコトリ会議ですが、
今回はなんていったって芸術創造館・・にぎやかなお芝居になりそうな予感です!
この公演で初めて採用される【2府4県「以外」割】チケット。ぜひ遠方のお客様も
お越しになっていただきたいものです。

細かい見どころ、稽古の様子などは、また別記事でお知らせしていきたいと思います。
さらなる公演情報などは今しばらくお待ちください。
どうぞよろしくお願いいたします!

(むろや)

※2公演ともに、終了致しました。たくさんのご来場誠にありがとうございました。
posted by コトリ会議 at 03:01| Comment(0) | コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

ブログが復旧しました

コトリ会議のブログをいつもご覧頂いている皆様


大変お待たせいたしました。
つい先日まで、ブログでなぜか記事が投稿出来ないという問題が発生しておりましたが、
復旧致しましたのでここにご連絡致します。

いつもコトリ会議メンバーのブログをお楽しみお待ち戴いていたお客様、もしいらっしゃいましたら、大変にご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

これからもどうぞよろしくお願い致します。


コトリ会議
posted by コトリ会議 at 23:05| コトリ会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする